• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

GENERATIONSが新作海外ドラマをアピール&アフレコ初挑戦

 テレビドラマシリーズのさらなる発展を目的とした「東京国際ドラマ祭2013<海外ドラマDAY>」が26日に都内で開催され、スペシャルゲストとしてGENERATIONS from EXILE TRIBEが登場した。

 今年で3回目を迎えるこのイベントは、新作ドラマを放映やDVDリリースに先駆けていち早くファンと共有したいという思いから誕生。会場では『GRIMM/グリム』『レボリューション』『HOMELAND/ホームランド』『ザ・フォロイング』『ARROW/アロー』『ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記』の6作品が上映され、大の海外ドラマ好きだというGENERATIONSが、それぞれドラマの魅力を語った。

『GRIMM/グリム』を紹介した関口メンディーは、「自分だけが知る、メンバーのとっておきエピソードは?」との質問に「(白濱)亜嵐くんは僕のボックスへアーをセットするのがめちゃくちゃ上手なんです」と告白。白濱も「特殊なコームでとかしながらいつもセットしてあげてます(笑)」と語り、メンバーの仲の良さをうかがわせた。

『ザ・フォロイング』にちなんで「メンバーの中で予測できない行動をとる人は?」と質問された中務裕太は、「自分です」と即答。これには「僕らも思ったわ(笑)。普段からトリッキーすぎですもんね」と、数原龍友らほかのメンバーも賛同し、会場の笑いを誘った。

 トークタイムの後には佐野玲於、関口が『レボリューション』『HOMELAND/ホームランド』の1シーンからアフレコに初挑戦。シリアスなシーンのはずなのに、なぜかコメディ感が満載の関口のアフレコでは、ほかのメンバーが口を押さえながら笑いをかみ殺す結果に…。

 最後は“東京国際ドラマ祭スペシャルバージョン”の「ANIMAL」と、新曲「Love You More」の2曲を披露。迫力あるパフォーマンスで客席を魅了した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える