• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

少年社中×東映コラボ第一弾!不思議な縁が紡ぎだす奇妙と混沌のリアルに出演者は…!?

上段左から竹内尚文、山川ありそ、長谷川太郎、堀池直毅、毛利亘宏、岩田有民、廿浦裕介、松本寛也、唐橋充、川本裕之、内山智恵、杉山未央、加藤良子、井俣太良、小澤亮太、鈴木勝吾、吉井怜、松田岳、白又敦

上段左から竹内尚文、山川ありそ、長谷川太郎、堀池直毅、毛利亘宏、岩田有民、廿浦裕介、松本寛也、唐橋充、川本裕之、内山智恵、杉山未央、加藤良子、井俣太良、小澤亮太、鈴木勝吾、吉井怜、松田岳、白又敦

舞台「パラノイア★サーカス」のDVD購入者限定の発売記念イベントが東京・虎ノ門で行われ、記憶喪失の小説家役で主演した小澤亮太らキャスト約20名と脚本・演出の毛利亘宏が登壇した。

「パラノイア★サーカス」は、毛利が主宰する劇団少年社中と東映がタッグを組んで送る舞台プロジェクトの第一弾。“謎”を見世物にする奇妙奇天烈な サーカス団を舞台に、明智コゴロウ、カイジン20面相、江戸川乱歩、小林少年、アルセーヌ・ルパンらの虚構と現実が入り混じり、現代の混沌と狂気を見事に 映し出した推理と冒険のファンタジーだ。

イベントでは「好きなシーン」「好きなセリフ」「これだけは言いたい!」などのテーマで、劇中のシーン再現を交えて盛り上がり、少年社中創設メンバーの秘話や稽古場での個性豊かな裏話が飛び出した。

最後に、くじ引きで最後の挨拶をすることになったアルセーヌ・ルパン役の鈴木勝吾は「舞台(ミュージカル「薄桜鬼」シリーズ)でお世話になった毛 利さんと、毛利さんと信頼厚い劇団員の皆さん、そしてヒーロー作品(2009年『侍戦隊シンケンジャー』)でお世話になった東映さんと、不思議な縁がつな がっているな~と思えた、まだ8年の役者人生の中でもうれしい作品になりました。今回また違う現場で再会できるであろう人たちとの出会いをいただいたの で、引き続き精進していきたいと思います」と頭を下げた。

続いて明智コゴロウ役、少年社中の創設メンバーである井俣太良は「東映と少年社中の初めてのコラボだからウェルメイドな作品にするのかなと思った ら、エッジの尖った、少年社中の原点のような作品性のまま豪華絢爛にできたことをうれしく思います。また東映さんと組んで面白いことをやれたらと思いま す」とコメント。

毛利は「今回に限らず、私は稽古開始時点でそんなに脚本の内容を詰めずに、稽古しながら変えていくというスタイルでやっていますので、こんなに個 性豊かなキャラクターが生まれたのは、それぞれの持っているものをぶつけてもらった結果です」と語り、「唐橋(充)さんのナミコシ警部も……、松本(寛 也)さんのナカムラ刑事も……」とアドリブと創意工夫で盛り上げた2人に視線を送って客席から笑いを取った。

さらに「こうして舞台の2時間やその後の時間を皆さんと過ごせるのは“一期一会”という人生において大切なこと。この時間を大事に大事に使って、 今後も面白い作品を作っていきたいと思います」とライブエンターテイメント哲学を語り、「今度東映さんと組むときには大阪、名古屋と地方公演もやっていき たいと思います」と野望で締めくくった。

DVDには、舞台本編のマルチアングル映像や、平日よる公演限定だったスペシャルカーテンコールショーを特別収録。さらに、毛利の脚本・監督で舞台の後日譚を描いた新撮ドラマ「パラノイア★サーカス a years after」も収録する新しい試みも。

少年社中×東映 舞台プロジェクト「パラノイア★サーカス」のDVDは好評発売中(5800円+税)。

「パラノイア★サーカス」DVD特設ページ(http://www.toei-video.co.jp/DVD/paranoia.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える