• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ソウ」のJ・ワンが語るホラー映画制作の極意とは?『ライト/オフ』特別映像公開

20160826_705218月27日(土)日本公開の今夏最恐ホラー映画『ライト/オフ』の特別映像とメイキングカットが解禁された。

本作は、2013年にまだ無名だったデヴィット・F・サンドバーグ監督が動画サイトに公開し、1億5000万回再生された映像を、『ソウ』『死霊 館』を手掛け、大ヒットを記録した『ワイルド・スピードSKY MISSON』を監督したジェイムズ・ワンがプロデュースしたホラー映画。81分間、ノンストップの“究極の恐怖体験”が観る者に襲いかかる。

解禁された特別映像では、ジェイムズ・ワンが「『ライト/オフ』を長編映画化するにあたっては短編のキレを残したかった」とビジョンを説明。ま た、これまで監督、プロデューサーとして多くのホラー映画を手掛けてきた経験から「監督に求めるのはホラー映画に対する理解と新しいアイデアだ」と極意を 明かすと、「デヴィットは適任だったよ」と本作のサンドバーグ監督への信頼をのぞかせた。

サンドバーグ監督は、「『ソウ』や『死霊館』を手掛けたジェイムズはホラーの達人だ」とジェイムズ・ワンへの敬意を示し、「彼のアドバイスはすご く参考になったよ」と撮影を振り返った。サンドバーグ監督は、ジェイムズ・ワンから「サンドバーグ監督は若き日の俺だ!!」と認められており、2014年 公開のジェイムズ・ワン制作の映画『アナベル死霊館の人形』の監督にも決まっている。

特別映像は、これまで未公開だったメイキングとともに、主演のテリーサ・パーマーをはじめとする出演者のコメントやサンドバーグ監督へのインタビューなども収められている。

映画 『ライト/オフ』特別映像

<ストーリー>
電気を消したら“それ”は来る
レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。「電気を消すと、何かが来る。」
“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、史上最恐の一夜が幕を開ける――。

『ライト/オフ』
8月27日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロードショー。

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ジェイムズ・ワン
脚本:エリック・ハイセラー
出演:テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン、ビリー・バーク、アレクサンダー・ディペルシア、マリア・ベロ

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト(http://www.lights-off.jp
公式Twitter:@warnerjp #電気消せない

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ