• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松島庄汰「壁に愛着がわいてくる…」Amazonオリジナルドラマ『ベイビーステップ』完成披露試写会

松島庄汰「壁に愛着がわいてくる…」Amazonオリジナルドラマ『ベイビーステップ』完成披露試写会

松島庄汰「壁に愛着がわいてくる…」Amazonオリジナルドラマ『ベイビーステップ』完成披露試写会

Amazonオリジナルドラマ『ベイビーステップ』が7 月22 日(金)よりAmazonプライムビデオで配信!7月21日(木)に都内で完成試写会が開催され、上映前には主演の松岡広大をはじめ、季葉、松島庄汰、ビジュアルスーパーバイザーを務める筧昌也、岩田和行監督が舞台挨拶に登壇した。

劇中のテニスウエアで登壇した松岡、季葉、松島。主人公の丸尾栄一郎を演じる松岡は「人気漫画の実写版の主人公ということで、まずは役を愛すること、テニスを愛することから始めました」と。原作漫画は錦織圭選手らも愛読しており、テニス業界からも絶賛されているが、松岡は、リアルなテニスシーンを実現するためにかなり練習に励んだよう。「テニスって、来た球を打ち返して点を取るという単純なものだと思ってましたが、試合などをしていく中で、頭を使わないといけない奥深いものだと感じたし、面白いなと思いました」と振り返った。鷹崎奈津を演じる季葉は子供のころからテニスに打ち込んでいた経験者。本作がドラマ初出演となったが「奈津役のお話を聞いて『これは絶対に私がやりたい!』と強く思いました。私もこの仕事を始める前は、真剣にプロのプレーヤーを目指していたので、その経験が生かせると思ったし、決まったときは嬉しかったです!」と充実の表情を見せた。松島は卓越したセンスを誇る江川逞役を演じたが「今回のドラマの中ではテニスが一番うまい役なので、僕がコケたら全体のレベルが落ちてしまうというプレッシャーもありました」と述懐。さらに、プレッシャーを乗り越えるべく、松島はコツコツと壁打ちして練習を重ねていたという。「本当に難しくて、最初はサーブがコートに入らないんですよ(苦笑)。毎日、人がいない壁打ちのコートに通ってサーブを打ってました。そうすると、ボールをちゃんと返してくれる壁に愛着がわいてくるんですよ(笑)」と語り、笑いを誘っていた。
松岡は現場のムードについて「休憩中もラリーの練習をしたんですが、スタッフのみなさんが、コートが埋まっちゃうのでご飯を抜いてテニスに打ち込んでて…監督もなんですけど(笑)。その姿に僕ら役者も感化されました。試合のシーンは炎天下でしたが、一丸になって懸命に作りました!」と和気あいあいとしつつも、ひとつにまとまった現場を楽しそうに振り返った。

Amazon オリジナル『ベイビーステップ』はAmazon プライム・ビデオにて7 月22 日(金)より見放題独占配信スタート。(全10 話/毎週1 話更新)。
www.amazon.co.jp/PrimeVideo

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える