• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『スーサイド・スクワッド』W・スミスら来日決定!ハリウッドデビューの福原かれんも凱旋帰国

20160726_67978 9月10日(土)公開の“DCフィルムズ”第2弾『スーサイド・スクワッド』に出演するウィル・スミス、マーゴット・ロビー、福原かれんら豪華キャストの来日が決定。さらに、彼らが演じるデッドショット、ハーレイ・クイン、カタナの特別映像も解禁された。

バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックスが贈る壮大なプロジェクト“DCフィルムズ”の第2弾となる本作の主人公は、バットマンらに捕り、死刑や終身刑の判決をくらったヴィラン(悪役)たち。世界崩壊の危機に、政府は、服役中の悪党たちによる寄せ集め特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成。彼らの戦う理由は、正義のため、愛する人や世界を守るため…なんかではなく、<自分の刑を軽くしたい><ただ暴れるのが好き>という超個人的な理由だった…。 普通のヒーロー映画の方程式が全く通用しない、掟破りの悪党たちが大暴れする。

今回、本作に出演するハリウッド屈指のトップスター、ウィル・スミスの約3年ぶり13回目となる来日が決定。さらに“悪カワ”ヒロインのハーレイ・クイン姿が話題のマーゴット・ロビー、本作がハリウッドデビューとなる日本人・福原かれんらも来日する。ウィルらは8月25日実施予定のジャパンプレミアで、日本のファン数千人の前に登場する予定。

ウィルが演じるのは、悪党集団“スーサイド・スクワッド”のメンバーの一人、“絶対にハズさない男”と称される世界最高のスナイパー、デッドショット。特殊なマスクをつけ、両腕に装着したマシンガンで敵を撃ちまくる一匹狼の冷酷な暗殺者だが、幼い娘が唯一の弱点という役どころ。これまでさまざまな映画で地球を救ってきたウィルだが、本作では真逆の”悪”を演じる。史上最凶の悪となっても、ウィルは世界を救うことができるのかに注目だ。

この来日決定に合わせ、ウィル、マーゴット、福原らが演じる3キャラクターの暴れっぷりが分かる“悪カワ”でポップな特別映像が解禁。映像冒頭では、キラキラな効果音に合わせてバットを振り回し、笑顔でこちらに近づいてくるハーレイ・クインが登場。先日行われたコミコンで、マーゴットが明かした「すべてのアクションをハイヒールでやったの」という言葉が信じられないほど、身体能力の高いアクロバティックでクレイジーな戦闘シーンが展開される。続いて、ポップなイラストのミサイルが飛び交うなか、両腕のマシンガンから銃をぶっ放す姿がしびれるほどカッコいいデッドショットが登場。珍しいウィル・スミスの爽快な悪党っぷりは、見ているだけで大興奮。そしてラストは、ミステリアスな音楽と浮世絵風な大波をバックに、妖刀を振りぬく日本人女剣士・カタナが登場。仮面で素顔を隠しながら敵を切りまくる、ゾクゾクしてしまうようなカタナの妖しい姿は必見だ。

映画『スーサイド・スクワッド』は、9月10日(土)全国ロードショー。

映画『スーサイド・スクワッド』キャラクター特別映像

『スーサイド・スクワッド』
9月10日(土)全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画
監督・脚本:デヴィッド・エアー
製作:チャールズ・ローブン、コリン・ウィルソン、リチャード・サックル
出演:ウィル・スミス、ジョエル・キナマン、マーゴット・ロビージャレッド・レト、ジェイ・コートニー、カーラ・デルヴィーニュ、福原かれん

「スーサイド・スクワッド」公式サイト:suicidesquad.jp
DCポータルサイト:dccomics.jp

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真