• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

沢村一樹が「うなじ」に思わずエロ解禁!? ゴースト&ジュウオウジャーのキャストが浴衣姿で集結!

67993_21_R「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」(8/6(土)公開、同時上映)の完成披露イベントが26日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、西銘駿、中尾暢樹をはじめとする両作のキャスト総勢13人が集結。夏らしい浴衣姿で、大人から子供まで大勢のファンを沸かせた。

『仮面ライダーゴースト』からは西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇人、『動物戦隊ジュウオウジャー』からは中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡辺剣、立石晴香、國島直樹が登壇。それぞれ変身や名乗りのポーズとともに「命燃やすぜ!」「この星をなめるなよ!」という決めぜりふを披露すると、大歓声が上がった。

さらに『仮面ライダーゴースト』の劇場版ゲスト・沢村一樹と木村了も登場。沢村は「浴衣は日本の発明品。何がいいかって、うなじなんですよ」と女性陣のうなじに大興奮し、「よい子のみんなは“うなじ”という言葉を覚えて帰ってください。せーので言ってみようか?」と、子供たちを前にしても“エロ男爵”ぶりを発揮し、周りから制止されていた。

完成した映画について、西銘は「僕たちの一年間の集大成。最初に見たときは感動して泣いちゃいました」、中尾は「大きい画面で見てすごい感動したし、映画ならではの壮大な映像になっています」と手応え十分。また、ライダー役を演じた沢村と木村は変身シーンの撮影についてコメント。沢村は「仮面ライダーは子供のころからの憧れだったので気持ちよかったですね。夢がかないました」と。木村は「鳥肌がすごく立ちました」と感慨深げに語ると、西銘も自身の初めての変身シーンを振り返り、「お兄ちゃんと仮面ライダーごっこをずっとしていたくらい憧れだったので感動しました」と喜んだ。

ジュウオウジャーチームは今回が初めての劇場版。放送開始から半年がたち、メンバーの成長も見て取れる。「最初は監督に言われたことを、こなすことだけで精いっぱいだったけど、ようやく余裕がでてきて、アドリブとかもちょこちょこできるようになりました」と柳(美稀)。南羽も「変身ポーズも、最初はみんなで合わせるのが大変だったけど、最近は一発で決められる」と胸を張る。渡邉は「現場でスーツアクターさんにアクションを教わっていて、それを発揮できるのがすごい楽しみ。最初は“アクションか~”っていう感じだったけど、今はアクションがしたくてたまらない」、立石はトラがモチーフの女性戦士役ということで「最近は自然と“ネコ科”っぽい姿勢ができるようになってきました。敵が現れたときにはネコっぽく低い態勢にしていたり。そこも注目してみてください」とアピールした。追加戦士として途中参加となった國島は、「最初はみんなに追いつかないとって必死だったけど、最近ちょっとだけ余裕を持てるようになってきた。みんなも壁なく接してくれるので、ありがたいです」とメンバーに感謝した。

いっぽう、ゴーストチームは撮影の苦労話を披露。大沢は「大変だったのは岩場のシーン。ドローンでの空撮もあったりして、何度も登ったり下ったりしました」と。自身を「水難の相がある」という山本は「海で気を失っているシーンが一番辛かった。本番になった瞬間に波が高くなる傾向があって、溺れそうになって。命懸けで撮影してました」と苦笑した。柳喬之は本作で初めてワイヤーアクションに挑戦。映画ならではの爆破シーンに体当たりで挑んだ磯村は「スタッフさんに『全然怖くないよ』と言われていたんですけど、結構近い距離で爆発したので、かなりビビった顔が映っちゃってるんじゃないかと…」と明かした。

最後に、西銘、中尾、沢村、木村の4人が「今年の夏休み、自分に何か“夏休みの宿題”を課すとしたら?」というお題を受けて回答を発表。西銘の回答は「料理をする!」。普段料理を全くしないものの、興味はあるという西銘は「磯村君がすごい料理がうまいので見習いたい」と。西銘や山本に振る舞ったこともあったという磯村の得意料理は納豆パスタ。「西銘君と山本が好きな料理だから、作っているうちにうまくなりました」と磯村。「磯村君が本物のシェフみたく、自宅でフランベをやるんですよ。あれをやりたい!」と言う西銘に、「今度合宿しようか」と提案していた。

続いて、中尾の回答は「Let’s花火」。「ずっと見に行きたいと思っていた。やろうよ、みんなで!」という中尾の呼びかけをジュウオウジャーメンバーも快諾。木村は「海」と回答し「毎年行ってるんですけど、今年は行けるか分からない。でも、どうにかして行きたいです」と、中尾と同様、夏らしい“宿題”を掲げた。

そして、最後に回答を発表した沢村。「4日ほど前にマネージャーに言われた言葉」というその回答は「8月は休みがないと思ってください」。「製作発表のときに『ライダーは若手の登竜門だから、これで僕もブレークできれば』ということを言ったんですけど、早くも効果が出ている。ブレーク間近!」と、休みがないほどの多忙ぶりにうれしい悲鳴を上げ、「体が壊れるまで働きます!」と笑顔で宣言して笑わせた。

「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」、平成ノブシコブシの吉村崇がゲスト出演する「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」は、8月6日(土)より公開。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える