• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画『ザ・ビートルズ』予告編世界一斉解禁!あの来日シーンも

20160729_68219_019月22日(木・祝)公開の『ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』の予告編が全世界で一斉解禁された。また、ファンにとって伝説となっている、1965年8月15日の“シェイ・スタジアム”のライブ映像が 4Kリマスター完全版で、全世界で同時上映されることが決定した。

予告編では、楽屋で鏡に向かい身支度をする4人や、記者会見でおどける様子など、20代の若者らしい姿が「デイ・トリッパー」「ヘルプ!」に乗せ て映し出される。熱狂の中で始まった世界ツアーの様子では、1964年2月11日のワシントンDC公演や、1965年8月1日のイギリスABCのテレビ番 組『ブラックプール・ナイト・アウト』出演の様子など、当時モノクロだった映像がカラーで鮮明に蘇っている。さらに、50年前の来日時に4人がハッピをき てタラップを降りてくる有名なシーンも使われていて、本編にも日本のシーンが使われていることが分かる期待が高まる映像となっている。

またツアー活動を停止した翌年の、1967年6月に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録され ている「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」にのせて、ビートルズの4人が新たな場所へ変化を求めていった心境を語るシーンも。これはツアー中心の活動から、ス タジオでの創作活動へと変化していくきっかけとなっていくことを匂わせている。

予告編の冒頭でも登場する1965年8月15日にニューヨークのシェイ・スタジアムで行われたコンサートは、56,000人以上の観衆を前に野球 場で行われた最初のロック・コンサート。その歴史的な映像は、14台の35ミリカメラを使って撮影された。その貴重なライブ映像が、本編映像に加えて劇場 で上映されることが決定。ライブ映像は、アビー・ロード・スタジオで、4Kリマスターの編集が施され蘇る。「ア・ハード・デイズ・ナイト」「アイム・ダウ ン」「みんないい娘」「デイジー・ミス・リジー」といったクラシックな楽曲を含む全11曲の演奏が含まれている。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK」本予告

<シェイ・スタジアム セットリスト>
「ツイスト・アンド・シャウト」
「シーズ・ア・ウーマン」
「アイ・フィール・ファイン」
「デイジー・ミス・リジー」
「涙の乗車券」
「みんないい娘」
「ベイビーズ・イン・ブラック」
「アクト・ナチュラリー」
「ア・ハード・デイズ・ナイト」
「ヘルプ!」
「アイム・ダウン」

『ザ・ビートルズ‐EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』
9月22日(木・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開

<ストーリー>
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963 年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的 に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した 1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と 呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった――。

出演:ザ・ビートルズ
監督:ロン・ハワード
プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
エグゼクティブプロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、ガイ・イースト、ニコラス・フェラル

公式サイト(thebeatles-eightdaysaweek.jp

配給:KADOKAWA
提供:KADOKAWA、テレビ東京
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社

(c)Apple Corps Ltd.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える