• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「鬼平犯科帳」アニメ化決定!“鬼の平蔵”ビジュアル公開

「鬼平犯科帳」アニメ化決定 (C)オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会 累計発行部数2700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズ「鬼平犯科帳」(文藝春秋刊)が、2017年に誕生50周年を迎えることを記念し、アニメ化されることが決定。主人公の“鬼の平蔵”こと鬼平のビジュアルも公開となった。

「鬼平犯科帳」は、作家・池波正太郎が、江戸を舞台に、「火付盗賊改方」(ひつけとうぞくあらためかた)という罪人を取り締まる役職についた長谷川平蔵が悪党たちを裁いていく姿を描いた時代小説で、1967年、文藝春秋「オール讀物」に第一作目を発表して以降1989年まで全135作(+番外編1作)を発表。これまでに漫画化、実写ドラマ化、映画化、舞台化とさまざまな形で発表された超人気シリーズだ。
 そんな「鬼平犯科帳」が、このたびタイトルを「鬼平」として初めてテレビアニメ化されることが決定。池波正太郎作品においても初のアニメーションとなる。

 プロデューサーは、手塚治虫率いる虫プロにてキャリアを積み、制作会社マッドハウスの代表取締役を務めた後、70歳にして新たな制作会社MAPPAを、そしてこの春にはスタジオM2を立ち上げ、精力的に活動を続ける丸山正雄。これまでに映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』など半世紀以上にわたり200本以上のアニメ作品を手掛け、日本アニメ界を牽引し続け海外からも評価の高い名プロデューサー。
監督・キャラクターデザインは、「BUZZER BEATER」「ルパン三世 GREEN vs RED」の宮繁之が担当。このアニメ化決定に際してオフィス池波は「連載開始から約50年、いまなお読み継がれている『鬼平犯科帳』がこの節目に初アニメ化ということで、驚きとともに大変期待しております。アニメにしかできない新しい鬼平の世界を表現していただきたいと思っております」と語っている。

(C)オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える