• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ドクターX』スピンオフドラマ、主人公は勝村政信演じる加地!三浦貴大、宮脇咲良も出演

『ドクターY~外科医~外科医・加地秀樹~』 勝村政信が主演を務める『ドクターY~外科医~外科医・加地秀樹~』(全6話)が、9/29(木)よりauの動画配信サービス「ビデオパス」および「テレ朝動画」にて配信されることが分かった。10月より連ドラ第4シリーズがスタートするテレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』((木)後9・00)から生まれた初のスピンオフドラマで、勝村は本編同様、外科医の加地秀樹役。勝村は「以前から“『ドクターX』でもスピンオフがあるのかな? でも、主役は(鈴木)浩介か俺か…無理だろうな(笑)”という話を、共演者の間でしていたんです。それがまさか実現するとは! 自分では買っていなかった宝くじが家で当たっていたような感覚です」と、びっくりしながらも喜んでいる。

『ドクターY~外科医~外科医・加地秀樹~』は、「腹腔鏡の魔術師」と崇められるほど腕はいいが金に汚い加地が、茨城県の大洗にある「帝都医科大学付属病院 大洗第8分院」に転勤。東京から来たスーパードクターともてはやされ、まんざらでもない加地だったが、そんな折、代議士の娘が虫垂炎で入院。ときを同じくして、加地が道で助けた貧乏な老人も入院し、重篤な難病であることが判明する。“金持ちで簡単な手術の患者”と“貧乏で難しい手術の患者”の間で、加地は選択を迫られて…というストーリー。「人の命を救うためには、お金なんかいらない」というポリシーを持ち、加地に反発するゆとり世代の新米外科医・岬健太を三浦貴大が、音大でピアノを専攻する代議士の娘で、虫垂炎で緊急入院するVIP患者・三船遥香をHKT48/AKB48の宮脇咲良が演じる。

『ドクターX』第1シリーズより出演し、今回“白羽の矢”が立った勝村は「“白羽の矢”には“いけにえ”という意味もあるらしく、僕の場合はこちらの意味なんじゃないかな(笑)」と自虐的な冗談を交えつつも「役柄もカンパニーも土台がしっかりしていますので、作品作りに関しては何も心配しておりません!」と力強くコメント。三浦とは2度目の共演になるが「目に力があるし、若いのに堂々としていて頼りがいがあります。今回は初めて対立する間柄を演じるので楽しみです」、宮脇については「今後、女優としてペガサスのように羽ばたいていく方で、もともと持っている雰囲気が人と全く違う!“掃き溜めに鶴”とでも言いますか(笑)、手術台での寝顔にも清潔感があるんです。寝顔にもキャラクターが出るんだな、と思いました」と、それそれに対する印象を語った。

 そんな勝村に、三浦は「“勝村さんなら何をやっても受け止めてくれるだろうな”という安心感があります。加地先生は金に汚いですが(笑)、ふと三浦貴大の目線で勝村さんのお芝居を見ると“本当は患者のことを考えているんだろうな”という内面のカッコよさを感じられるんです。そういった二面性を表現できるなんて、本当スゴいと思います」と尊敬のまなざし。宮脇も「出演が決まったときに、過去放送された『ドクターX』を拝見しましたが、私は加地先生のキャラクターが一番好き! 目の前で見る加地先生もすっごくカッコいいです。勝村さんご自身はときどき、加地先生と少し似ているのかなって思うくらい、ユーモアにあふれている方。私の父より年上なんですが(笑)、“こんなお父さんがいたらいいな”と思うような包容力があって、すごく頼りにさせていただいてます」と話して勝村を喜ばせた。勝村は「命を扱う作品ですので、その部分は真摯に演じつつ『ドクターX』シリーズの面白さである人間臭さや、人間としての揺れを表現していきたいです。続編につながるよう、少し余分なお芝居もしたいと思っていますので(笑)、ぜひ注目ください!」とPRしている。

 本作には3人のほか、『ドクターX』の主人公であるフリーランスの天才外科医・大門未知子役の米倉涼子、未知子が所属する「名医紹介所」の所長・神原晶役の岸部一徳、加地の仲の良い外科医・原守役の鈴木浩介ら、おなじみの顔ぶれも特別出演する。

(C)テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える