• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

植田圭輔と平野良が父子に!近未来ノワールアクション「インフェルノ」上演中

舞台「インフェルノ」 舞台「インフェルノ」の公開ゲネプロが9月3日、東京・シアターGロッソで行われ、主演の植田圭輔と平野良がコメントを寄せた。

「インフェルノ」は、「メサイア」「魔界王子」などで人気の作家・高殿円が原作・脚本を手がけた。漫画はRURUが手掛けるスタイリッシュ近未来ノワールアクション。

 マフィアの御曹司・リッカを演じる植田はマフィアの世界ということで、今まであまりなかったようなテイストの作品だと思います。女性だけでなく、男性のお客さまにも楽しんでもらえると思うくらい“男っぽさ”が表現されており、肉弾戦以外の言葉のやりとりもすごくスリリング。稽古の初期段階からそうそうたるメンバーでディスカッションを重ねたスピーディーな展開をぜひお楽しみください」とコメント。

 いっぽう、同世代にもかかわらず幼いころの血の儀式によりリッカの“息子”として傍らに仕えているノエル役の平野は「こんなにアクションの多い作品は初めて」と語りつつ、「リッカとノエルの二人の絆がメインですが、その周りにいるキャラクターにもさまざまな繋がりや絆があり、陥れたりぶつかったりの人間模様がかなり面白い。一人一人が主役で、観てくださるお客様が誰にでも感情移入できるような創り込みをしているのでぜひご覧ください」とPR。

 舞台「インフェルノ」は9月11日(日)まで、東京・シアターGロッソで上演中。

■舞台「インフェルノ」公式サイト(http://www.clie.asia/inferno/
■講談社コミックプラス|ARIA『インフェルノ』公式サイト(http://aria-comic.jp/contents/list179.html

(C)高殿円・RURU/講談社/2016旧東京保安委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える