• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「“新しい山田涼介”を届けたい」山田涼介が初めて尽くしで“月9”に挑む!

 Hey! Say! JUMPの山田涼介がフジテレビ系10月スタートの月9ドラマ『カインとアベル』に主演することが分かった。山田はフジテレビ連ドラ初主演かつ、月9初主演となる。

 本作は、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルにした作品。旧約聖書の「カインとアベル」とは、アダムとイヴの息子たちの神話で、兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛(ちょうあい)を受ける弟のアベルに嫉妬し、“愛への渇望”、“父に認められたい”という普遍的なテーマが描かれている物語だ。

 主人公の高田優(たかだ・ゆう)を演じるのは、フジテレビ連ドラ初主演&月9初主演となるHey! Say! JUMPの山田涼介。今回が連続テレビドラマ主演5作目にして、初のフジテレビ連続ドラマ主演となる。さらに、自身初となる「スーツ姿」、そして「ラブストーリー」に挑戦する。

 山田は、フジテレビ連ドラ初主演かつ月9初主演について「フジテレビのドラマに出ること自体、何年ぶりか分からないほど久しぶりになりますので、とてもワクワクしています。“月9”という枠は、視聴者の皆さんの期待も非常に高いと思いますので、プレッシャーはありますが、自分のカラーを出し、しっかり演じていきたいと思っています。『カインとアベル』は、今までの月9にはなかったようなストーリーのドラマですので、そこの面白さや恋愛模様、そして兄との葛藤を魅力的に描けたらと思っています」と。

 また、「今までドラマや映画の役で、スーツを着るということがありませんでした。しかも、フジテレビの連ドラ初主演、月9初主演と、初めて尽くしの作品になりますので、自分自身もどういうふうになっていくかまだ想像がつきませんが、“新しい山田涼介”を月9『カインとアベル』で届けたいと思います」と意気込みを語っている。

<ストーリー>
 高田優は、デベロッパー会社の社員。優の父は幼い頃から成績優秀な兄に目をかけ寵愛(ちょうあい)し、優には無関心。優は父親の愛情に飢えていた。どうにか父に認められたい…。
 ある日、優は一人の女性と巡り会う。出会いは最悪だったが、仕事や思いもよらぬ展開を通して、徐々に彼女に恋愛感情を抱き始める優。しかし、皮肉にもその女性は兄の恋人だという事実…。「好きになってしまった感情は、簡単には忘れられない」。
 複雑な恋愛模様、兄そして父との葛藤の中で、度重なる危機に直面する優が、一人の男として、そして一人の人間として変貌を遂げるべく、今歩み始める…。

『カインとアベル』
フジテレビ系
2016年10月スタート 毎週(月)午後9時放送

<出演者>
山田涼介

<スタッフ>
脚本:金沢達也(映画「暗殺教室」「係長 青島俊作2」他)
プロデュース:
羽鳥健一(『ようこそ、わが家へ』『信長協奏曲』、『高校入試』他)
池田拓也(『フラジャイル』『ブスと野獣』他)
演出:
武内英樹(『デート~恋とはどんなものかしら~』、映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ、『のだめカンタービレ』 シリーズ、『神様、もう少しだけ』他)
葉山浩樹(『主に泣いてます』、『ラストホープ』、『僕のいた時間』他)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える