• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

全員主役!ジャニー氏待望の最新作豪華出演者が火花を散らす!?

 2016年12月、2017年1月に帝国劇場で上演されるジャニー喜多川氏作・構成・演出の最新作「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の製作発表会見が行われ、Kis-My-Ft2の玉森裕太、Sexy Zoneの佐藤勝利、A.B.C-Zの戸塚祥太、塚田僚一、内博貴をはじめ豪華出演者が登壇した。

 本作はジャニー氏の最新作で、会見で発表されたキャッチコピーは「舞台と客席がひとつになった時、宇宙からの手紙が届く。」というもの。“全員が主役”で臨む3部構成のエンタテインメント・ショーで、1部では過去、3部では未来を描き、2部の内容は出演者も詳しい内容については知らされてないという。

 現在、帝国劇場で上演中の「ドリームボーイズ」で主演を務める玉森は「またジャニーさんの舞台に立てるということで1年に2回もやらせてもらえるのはすごく光栄なことだと思います。メンバーの藤ヶ谷(太輔)さん(※仕事のため会見欠席)とも力を合わせて頑張っていきたいと思います」とコメント。佐藤は「全キャストで切磋琢磨しながら頑張っていきたいと思います。エンターテインメント界のオリンピック級のショーを作っていきたいです」と挨拶。

 会見ではキャッチコピーにある“宇宙からの手紙”にかけて、「宇宙から愛すべき地球の皆様へご挨拶を申し上げます。私は『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』の主役を決めていません。ゆえに一人ひとりが主役の気持ちできっと頑張ってくれると信じています。ステージにいるアーティストたちには、第1部と第3部の内容しか知らせていません。実はその間に私は密かに第2部のショーの準備をしています。一体どんなショーになるのでしょうか。どうぞご期待ください。」というジャニー喜多川氏からの手紙が読み上げられるサプライズが。
 ジャニー氏からの手紙を受け、「きっとみなさんが想像している以上の何かが起きるのではないかと思っています」(玉森)、「(内容を知らされていないことについては)結構慣れましたね、僕ももう長いので。こういうこともよくありますから。でもこの素晴らしいメンバーだったらいい化学反応が生まれるんじゃないかなと感じます」(内)と出演者もこの舞台に期待を膨らませている様子を見せた。

 たくさんの出演者の中、これだけは負けないというポイントは?と質問では「キスマイのみなさんにローラースケートでは負けたくない!」とHiHi Jetの猪狩蒼弥が先輩のKis-My-Ft2に宣戦布告をし、「HiHi Jetのみんなはローラーが上手いのでうかうかしていられないなって気持ちもありますが、一緒にローラーができたらなって思います」と玉森が先輩としての余裕を見せる場面も。さらに「今回、Snow ManもA.B.C-Zもダンスを武器にしているグループなので、ダンスだけは引けないなという気持ちです」とTravis Japan、Love-tuneの森田美勇人が話すと、「後輩も幅広い活動をしているので、僕も負けられないと思っています。あと僕は筋肉を意識していまして、ランキングというのもつけさせてもらっているんです。この中でもランキング急上昇中の人もいるのでそこには負けたくないです!」(塚田)、「塚田くんが筋肉キャラみたいになっているんですけど、僕も今体脂肪率2.8%まで絞っているので負けたくない」(Snow Man 岩本照)と“全員が主役”のライバルとして火花を散らすやり取りも見られた。

「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」は2016年12月3日(土)~2017年1月24日(火)まで帝国劇場で上演。

「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」
作・構成・演出:ジャニー喜多川
出演者:玉森裕太・藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、戸塚祥太・塚田僚一(A.B.C-Z)、内博貴、平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人(Mr.KING)、橋本涼・井上瑞稀・猪狩蒼弥・髙橋優斗(HiHi Jet)、SixTONES、Snow Man、Prince、Travis Japan、Love-tune、天才GeniusほかジャニーズJr.
※玉森・藤ヶ谷は12月出演、戸塚・塚田は1月出演

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える