• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ホラーマスター、ジェイムズ・ワン監督最新作「死霊館 エンフィールド事件」11・9 BD&DVDリリース

「死霊館 エンフィールド事件」 「ソウ」「インシディアス」シリーズ、「死霊館」など数々の大ヒットホラー映画を生み出したジェイムズ・ワン監督最新作「死霊館 エンフィールド事件」のブルーレイ&DVDが11月9日リリース(デジタルセル・レンタルは配信中)。

一度はホラー映画界からの引退を公言したジェイムズ・ワン監督だったが「ワイルド・スピード SKY MISSION」を大ヒットに導いた後、再びホラー映画界でメガホンを取った。さらに次回作にはDCフィルムズ「アクアマン」の監督も決定している。

 1977年から2年2か月にわたりイギリスで発生した、史上最長の心霊現象「エンフィールド事件」が題材。ポルターガイストやぼや、憑依のほか、物体が物を通り抜けたり、人間が宙に持ち上げられるなどの現象が1500件以上報告された事件だ。膨大なテープや写真記録といった証拠に加え、警察、記者、カメラマンなど数え切れないほどの目撃証言が残っており、実際の被害者ジャネット・ホジソン本人やジャネットの姉マーガレット・ホジソンが本作の顧問を務めている。前作から引き続き、超常現象研究かエド&ロレイン・ウォーレン夫妻を、パトリック・ウィルソンとベラ・ファミーガが熱演。恐怖の真相に挑む。
「死霊館 エンフィールド事件
11月9日ブルーレイ&DVDリリース」
■ブルーレイ&DVDセット(2枚組)3990円
デジタルセル・レンタル配信中

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ