• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山崎育三郎、ユナク、古屋敬多、陣内孝則が衝撃の女装を初披露

ミュージカル「プリシラ」製作発表 宮本亜門演出ミュージカル「プリシラ」の製作発表が9月7日(水)、東京スカイツリータウンにて行われ、主演の山崎育三郎をはじめ、ユナク(超新星)、古屋敬多(Lead)、陣内孝則が登壇した。

 同ミュージカルは、3人のドラァグクィーンたちがチャーターバス「プリシラ号」に乗ってドタバタ珍道中を繰り広げるオーストラリア映画(1994年公開)が原作。奇抜かつオリジナリティあふれる衣装で「アカデミー賞衣装デザイン賞」を受賞するなどして世界で称賛を浴び、2006年にはオーストラリアにて待望のミュージカル版が誕生。以来15か国以上の国で上演されてきたが、このたび宮本による演出で満を持して日本初上陸となる。

 ド派手な役衣装と奇抜なメイクに、“浮き輪を半分に切ったようなサイズ”だという靴を履いてゆっくりと歩いて登場した4人。ドラァグクィーンのティックを演じる山崎は「頭が重くてびっくりしてます」と笑いつつ、足元については「思ったより重くはないけど歩きづらくて。本番はこれで歌って踊るので、かなりリハーサルが必要なんじゃないかな。結構大変です(笑)」と明かした。いっぽう、夫を亡くしたトランスジェンダー・バーナデット役の陣内は、「この格好をしていると戦闘能力を失ったマジンガーZになったみたいです(笑)」とジョークを飛ばし、さらに「マネージャーには20キロ痩せろと言われて、やっと10キロ痩せた。本番までにあと10キロ痩せなきゃいけない。今日はわき毛を剃ってこいと言われ…女房に剃ってもらいました。そして、この格好です。再来年還暦なんですけど、還暦前にやる仕事じゃないと思います」と話すと、会場から大きな笑いが起こった。また、若くて美しいが生意気なアダム役をWキャストで演じるのがユナクと古屋。韓国版のミュージカルを2回見たというユナクは、「すごく盛り上がる作品なので頑張りたい。僕もムキムキになってほしいと言われたので、10月からトレーニングをスタートします」と意気込む一方、初の宮本演出への出演については「すごく緊張しています。メンバーやスタッフさんの中で僕は“遅刻マン”と呼ばれているんですが、今回素晴らしい俳優さんや演出さんとご一緒するので真面目になってこの作品をいいものにしたいです」と宣言した。同じくアダム役の古屋は「まさかこんな格好(笑)…で役を演じられるというのはわくわくしてるんですけど、永久脱毛したほうがいいのかな…とかいろいろ考えています(笑)」と“女性”を演じるに当たって気合十分な様子。さらに「(共演者と)早く打ち解けて自然な空気が出せたらいいなと思うし、いち早くこの役をものにして、世界一のドラァグクイーンになれるように頑張ります!」と力を込めた。

 ミュージカル「プリシラ」は、2016年12月8日(木)~29日(木)まで東京・日生劇場にて30回上演。今回の日本初上陸を記念して、本作に登場するバス「プリシラ号」さながらのピンクのラッピングバスが9月13日(火)まで都内を走行中。山崎は「笑いから涙まで“これぞミュージカル”という作品。2016年のラストにふさわしい作品になると思うのでぜひ遊びにきてください」と呼びかけた。

■日生劇場 ミュージカル「プリシラ」公式サイト
www.tohostage.com/priscilla/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える