• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

葉加瀬太郎&滝川クリステルMC『芸術ハカセ』が9・13OA!野村萬斎によるゴジラの動きの生実演も

 バイオリニストの葉加瀬太郎とフリーアナウンサーの滝川クリステルが、9月13日(火)に放送されるテレビ朝日系『芸術ハカセ』(後7・00)でテレビ番組MC初共演を果たす。

 滝川が同局の番組でMCを務めるのも今回が初。葉加瀬は「番組の趣旨をお聞きして、一緒に司会進行をするなら…と想像した瞬間、頭に浮かんだのが滝川さんでした。司会という点でとても頼りになる上に、滝川さんとならアートや音楽の話を楽しく自然体でできるだろうな、と思ったんです。そんなわけで、実は今回、僕から『滝川さんと一緒にやりたい』とお願いしたんですよ」と明かし、「僕はとにかく滝川さんのことが大好きなので、収録中もドキドキしっぱなしでした(笑)」と、滝川にメロメロ。一方の滝川も「葉加瀬さんとは過去にラジオや雑誌の対談でご一緒し、コンサートにもたびたび伺っていることもあって、とてもやりやすかったです。6時間という長丁場の収録でしたが、本当に楽しかったですね。今回の収録で、葉加瀬さんがやっと目を見てくださるようになったので(笑)、それもうれしかったです」と喜んだ。

 番組は、レオナルド・ダ・ヴィンチ、シェイクスピア、ピカソ、伊藤若冲、リスト、クララ・シューマン、パガニーニ、ベートーヴェン、ブラームス、バッハまで、世界の名だたる芸術家にスポットを当て、その作品や人生にまつわる学説を紹介するバラエティ。「シェイクスピアには外交官のゴーストライターがいた!」「ピカソは売れるために有名画家の絵をパクりまくっていた!」といった、思わず耳を疑うような学説を片っ端から検証。バッハとモーツァルトが作った“凡人には到底考えつきもしない遊び心満載の楽譜”も紹介するなど、芸術の世界の面白さをとことん掘り下げる。

 さらに、葉加瀬によるクラシックの名曲の生演奏も。カルテットを率いて、「ハンガリー舞曲」「G戦上のアリア」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「悲愴」「運命」、さらには「蛍の光」のベートーベン編曲版およびハイドン編曲版など、美しいメロディーを全身全霊で奏でる。

 葉加瀬は「テレビ番組はいろんな世界への入り口であるべき! 芸術も普通に取り上げると堅苦しくなるでしょうけど、この番組のようなつくりだと、皆さんに興味を持っていただけると思います。僕も収録中に“ベートーヴェンはスパイだった”という説を聞いて、“ちょっと待て!”と思ったのですが(笑)、それこそ説というものはいろいろある。100年前に語られていたベートーヴェンと、今語られているベートーヴェンはまったく別物かもしれませんしね。いろんな説があること自体、これまた面白いなぁ、と改めて感じました」と収録を振り返り、「もちろん、例えばシンフォニーを1曲まるごと聴かなければ分からないことが、たくさんあるのも事実です。ですが、この番組はまさにその入り口になったのではないかな、と思います。ピカソのエピソードが気になったら、ご自分でピカソの人生を調べるでしょうし、そうすることで芸術との関わりがより深くなっていくはず。この番組を通して、少しでもアートや音楽に興味を持っていただければ何よりです」とPRした。

 ゲストで野村萬斎、大地真央、武田双雲、いとうせいこう、劇団ひとりも出演。野村は、大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」で演じたゴジラの動きをスタジオで生実演。能とゴジラ歩きの意外な共通点も明らかになる。

(C)テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える