• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東山紀之vs殺人事件を予言する男!『刑事7人』9・14最終回

『刑事7人』 東山紀之が主演を務めるテレビ朝日系『刑事7人』((水)後9・00)が、9/14に最終回を迎える。

 昨年7月クールに放送され、人気を博した刑事ドラマの第2シリーズ。機動捜査隊の天樹(東山)が、捜査一課12係の沙村(髙嶋政宏)、環(倉科カナ)、青山(塚本高史)、情報分析を得意とする山下(片岡愛之助)、警視庁きっての政治手腕を誇る刑事総務課長の片桐(吉田鋼太郎)、法医学の権威・堂本(北大路欣也)と手を組み、あらゆる凶悪事件に立ち向かう。

 最終回は、神社のお守りを手にした老人の遺体がアパートで見つかるところから幕が開ける。老人は自殺だったことが判明し、捜査の必要がなくなった天樹が覆面パトカーで去ろうとすると、男に声をかけられる。その男とは、元大学院助手の山崎(山本裕典)。なぜか無線を聞かせてほしいという山崎を、さらりと交わす天樹。山崎が無線で話す真似をしながら、とある駐車場で大動脈を切られた遺体が発見された旨を話し出すと、その直後、全く同様の事件が発生したと連絡が入る。

 被害者はIT企業の社長・藤岡伸行(吉見幸洋)。現場には凶器の出刃包丁が残されていたが、指紋は皆無だった。すぐさま山崎の住所を突き止め、署に任意同行させた天樹。しかし、山崎は適当な冗談を言っただけで、内容が一致していたのは単なる偶然だと主張。いっぽう、沙村(髙嶋政宏)たちは藤岡の会社へ。対応した副社長・和田恒徳(湯江健幸)の落ち着き払った態度に、違和感を覚える。

 その矢先、またしても同じ凶器と手口による事件が発生。しかも、山崎が署から帰る際に立ち寄ったトイレから、事件の発生時間と場所、死因が書かれた紙まで見つかる。その後も事件が続き、やはり内容を言い当てる山崎。一連の犯人は山崎なのか。天樹たちの執念の捜査の先に、恐ろしい事件の全容が見えてくる。

(C)テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える