• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

9・21より2夜連続放送!「模倣犯」制作発表会見に中谷美紀、坂口健太郎らが登場

「模倣犯」制作発表会見 テレビ東京が今秋、新本社へ移転することを記念した「六本木三丁目移転プロジェクト」の目玉企画として、9月21日(水)より2夜連続で放送される『ドラマスペシャル 宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』の制作発表会見が行われ、主演の中谷美紀、坂口健太郎、清水富美加、山本裕典、岸部一徳が出席した。

「共演者の方が素晴らしく、本読みの段階から心が震えました。岸部さんや橋爪さんの現場での在り方は大変勉強になりました」と語ったのは主演の中谷。その中谷から「若い方も本当にすてきで、清水さんのシーンには泣かされました。大ファンになりました」と絶賛された清水は、「…え、私ですか!? ありがとうございます! あとでグミを差し上げます(笑)」と照れながらもチームワークの良さを見せた。

 そんな清水は、中谷との撮影中のエピソードとして「中谷さんの肩ごしの画を撮るシーンで、スタッフさんが『肩をお借りします』と中谷さんに声かけしたとき、すごく自然におしとやかに『なんなりと』と返されたんです。“なんなりと”なんて、せりふでしか聞いたことがなかったので衝撃的で。カッコいいな、美しい方だなと感激しました」と返した。

 中谷演じる主人公の滋子と対峙するシーンが多い坂口は、中谷の印象について「強い女性だと思いきや、柔らかい部分もあって。儚く見えるときもあれば、愛おしくも感じたり…、役者としても大先輩ですが、本当につかめない、いろんな面を持った素晴らしい女優さんだなと思いました」と。

 また、印象的なシーンについて聞かれた岸部は「今まで橋爪さんと芝居する機会がなかなかなかったので、演技しているときは幸せを感じていました」と。山本は「坂口君とのシーンで、男ながらにキュンとしてしまうシーンがありました。スタッフさんたちもすごく盛り上がっていたのでそこもぜひ注目してほしいです」とアピールした。

 最後に中谷は「劇場型のスリリングな事件にどんどん魅了され、巻き込まれていくと思います。被害者家族の悲しみはもちろん、加害者側の悲しみも描かれているのも見どころ。素晴らしい役者の方たち、監督、スタッフの皆さんに支えていただき完成しました。ぜひとも見ていただき、何かを感じてもらえたらと幸いです」と締めた。

『ドラマスペシャル 宮部みゆきサスペンス「模倣犯」』は、9月21日(水)、22日(木)にテレビ東京系で2夜連続放送。

六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル
宮部みゆきサスペンス「模倣犯」
[前篇]2016年9月21日(水)後9:00~ 
[後篇]2016年9月22日(木・祝)後9:00~

放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

原作 宮部みゆき『模倣犯』(新潮文庫刊)

公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/mohouhan/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える