• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「コールドケース」×神奈川県警キャンペーン!吉田羊が一日加賀町警察署長

「コールドケース」×神奈川県警キャンペーン WOWOW開局25周年記念企画「連続ドラマW コールドケース~真実の扉~」が10月22日より放送スタート。本作の主演を務める吉田羊ほかレギュラーキャストが神奈川県警・捜査一課に所属するという設定から実現した限定企画、神奈川県警との“詐欺撲滅キャンペーン”タイアップポスターに続き、主演の吉田羊が一日加賀町警察署長を務めた。

 雨予想だった当日、だが雨には降らずに就任イベントを迎え、「晴れ女としての面目躍如となりホッとしております」と笑顔で登場した吉田羊。9月19日の「敬老の日」を目前に控え、加賀町警察署長の吉田忠之署長から一日署長として委嘱された吉田羊が訴えたのは“振り込め詐欺撲滅”。実際、吉田羊の友人の家族が被害に遭い、「“お金を取られたことも悔しいけれど、自分を守りたいと思った親心を利用されたことが腹立たしかった”と友人が語っておりました」というエピソードを交えながら、一日加賀町警察署長として「振り込めサギは家族の絆を悪用した卑劣な犯罪です。まもなく敬老の日です。家族の集まりやすいこの時期に、家族の絆を凍らせないよう3つの決意を、一日警察署長として表明いたします。ひとつ、皆のチームワークで、お年寄りを振り込め詐欺から守ります。ひとつ、皆のチームワークで、振り込め詐欺撲滅を目指します。ひとつ、皆のチームワークで、犯罪のない明るい社会を目指します」と宣誓。さらに、本キャンペーンのために制作され、本日から神奈川県内54警察署をはじめとした各地で約3000枚が掲出される“詐欺撲滅キャンペーン”タイアップポスターを掲げ、神奈川県警察キャラクターのピーガルくん、リリポちゃん、振り込まセンジャーの面々とフォトセッションを行った。

 その後、加賀町警察署を出た吉田は、中華街の街で詐欺撲を訴えながらのパレードへ。平日にも関わらず、集まってくださった大勢の人々に「家族の絆を悪用する振り込め詐欺は絶対に許すことができません。ひとりひとりが警戒心を強め、日頃から家族と密に連絡を取り合いうことが、撲滅への第一歩になると思います。皆様、ご協力をお願いします」と注意喚起を促した。

■一日加賀町警察署長/吉田羊コメント
 多くのボランティアスタッフの皆さんが、沿道の方々に「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」のアナウンスをしてくださったので「気をつけなきゃね」という声が道行く皆さんから聞こえてきたのが一番うれしかったです。また、老若男女問わず、神奈川県を安全な街にしたいと思い、活動されている方がこんなにたくさんいらっしゃるということがとても印象的でした。地域近所にそういう方々がところどころいてくださるということが、犯罪を減らすきっかけになるのかなという気がしています。実は、今日パレードさせていただいた中華街が大好きなんです。数あるグルメの中でも、焼き小籠包が特に大好きで。撮影終わりに焼き小籠包を食べ、火傷しながら帰るというお決まりのコースがあったんですけど、こちらへお邪魔させていただき、この界隈で撮影をした時のことを思い出しました(笑)。

■WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース~真実の扉~」(全10話)
■放送日:2016年10月22日(土)よる10:00【第1話無料放送】
■スタッフ
監督:波多野貴文(「SP」シリーズ、「連続ドラマW 翳りゆく夏」)
脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨン- 前編/後編』)、吉田康弘(『旅立ちの島唄~十五の春~』)、蓬莱竜太(『ピンクとグレー』)、林宏司(『ハゲタカ』)
音楽:村松崇継(『思い出のマーニー』)
撮影監督:山田康介(『シン・ゴジラ』)
出演:吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研/三浦友和

特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/

(c) WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える