• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「整った顔を崩すのが…」自画自賛の知念侑李に内村光良「調子に乗りすぎ!」

「金メダル男」完成披露試写会 内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務める映画「金メダル男」の完成披露試写会が行われ、内村をはじめ、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、木村多江、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子ら豪華キャスト陣が登場した。

 タイトルの“金メダル男”にちなみ、ゴールデンカーペットを歩いて登場したキャスト陣。人一倍大きな歓声を受ける知念に内村は「知念の人気の高さに驚いています。『スクール革命』(日本テレビ系)でまだ小さかったあの子がこんなに大人になって、今は立派に主演になりました!」としみじみ。

「いろんな動きやおもしろい顔とかをやっているんですけど、直接監督が“こうやるんだ”と動きを見せてくださって、それを真似しながら頑張りました」と知念が撮影を振り返ると、内村は「歌舞伎の見栄を切る顔とかを私がやって見せて。知念も最初は抵抗感があったんですけど、みるみる上達していきまして撮影中盤からは自ら変顔をやるという。あんまりこんな知念を見たことがないと思います(笑)」と期待を膨らませた。

 撮影時の苦労について聞かれた知念が「やっぱり顔ですかねぇ~。(僕は)とても整った顔をしているので、それを崩すのが難しかったですね…。ちょっと調子に乗りすぎました(笑)」と冗談まじりに言うと「自分で言うな!」と内村がつっこみを入れ、会場は大爆笑。

 また、知念と土屋のダンスシーンの話題になり「撮影前にちょっと練習させていただいたんですけど、本番までに内村監督が磨いてくださって。知念さんと“ダブル泉一”に挟まれながら全力で踊ることができました」と感想を語る土屋を知念は「太鳳ちゃんがうまいんですよ!」と絶賛。「僕も一応プロですから負けられないなと。ジャニーズ1だと思っているので」とドヤ顔を見せるも再び「少し調子に乗りすぎました(笑)」と謝罪し、内村に「調子に乗りすぎだよ!」とつっこまれるなど、終始抜群のコンビネーションを見せた。

 最後に知念は「初主演映画ということで、すごいプレッシャーと不安もあった中での撮影だったんですけど、本当に素敵な作品が出来たと思いますので映画界で“金メダル”を取りたいと思います!」が宣言。すると、「今日は調子がいいな~」と羨ましそうな表情を見せた内村は「この映画で金メダルを取りたいと思います!」と知念の発言をパクリ、「何の金メダルかはわかりませんが、今年この映画で1番笑ったで賞みたいなのがあったらほしいなと思います。劇場で笑いを共有していただければと思います」とメッセージを送った。

 映画『金メダル男』は10月22日(土)より全国ロードショー。

公式サイト http://kinmedao.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える