• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武井咲が夏目雅子の演じた“駒子先生”に!『瀬戸内少年野球団』9・17OA

『瀬戸内少年野球団』 9月17日(土)に、武井咲が主演を務めるテレビ朝日系ドラマスペシャル『瀬戸内少年野球団』(後9・00)が放送される。
 昭和を代表する作詞家、阿久悠の自伝的小説が原作。ヒロインの小学校教諭が敗戦により生きる気力を失った子供たちに、野球を通して夢と希望を与えていく姿を描いた物語で、1984年には夏目雅子主演、篠田正浩監督で映画化された。その映画版で夏目が演じた小学校教諭役に武井が、郷ひろみが演じた駒子の夫役に三浦貴大が挑戦。武井と三浦は、今作が初共演となる。

 舞台は、兵庫県淡路島。駒子(武井)は出征をひかえた網元の長男、正夫(三浦)とささやかな結婚式を挙げる。甲子園球児だった正夫は、駒子から生きて帰るためのお守りにするようにと言われた野球のボールを手に戦地へ旅立っていく。
 やがて、駒子の生徒・竜太(坂田湧唯)の父が戦死。届いた骨箱には、父が使っていたとされる歯ブラシだけがぽつんと入っていた。「お父ちゃんは名誉の戦死して、歯ブラシになってもうたんか?」と、子供らしい疑問を抱く竜太。ときをおかず、駒子にも紙切れ一枚で正夫の戦死が伝えられる。
 その夏、海軍提督の娘、武女(本田望結)が転校してくる。終戦を機に、学校の教育方針は一変。男女一緒になった教室で、駒子の指導の下、教科書に掲載された軍事色の強い内容を塗りつぶしていく生徒たち。その従順な姿に、駒子は胸を痛める。
 淡路島が進駐軍の上陸によりたちまちアメリカ文化に感化されていく中、謎の三本足の男が現れる。その正体は、戦地で片足を失い松葉杖をついた正夫だった。約束どおり、野球のボールとともに奇跡的に戻ってきた正夫は、大人の都合に左右されない確かなルールのある野球を子供たちにやらせてはどうかと駒子に提案。駒子は自らが監督となり、少年野球団を結成する。

(C)テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える