• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「これはぬるい話じゃない」北川悦吏子、原田知世×斎藤工主演ラブストーリーをPR

『運命に、似た恋』 9月23日(金)スタートのドラマ10『運命に、似た恋』(NHK総合)の試写会が行われ、出演者の原田知世、斎藤工、脚本家の北川悦吏子が登壇した。

 本作は、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる北川が紡ぐ大人の純愛物語。北川は、NHK初執筆作品となる本作について「みんなの魂や気持ちが入っている、命を捧げた作品。いくつになっても恋がしたいといったぬるい話ではないです。最後まで見てもらえれば、それがみんなに届くと思う」と、あふれんばかりの熱量でアピール。さらに、執筆を振り返り「一生懸命頭が痛くなるくらい考え、観てくださる人1人1人に手紙を書いたような気持ちで作り上げた」と、並々ならぬ意欲を持って取り組んだことを明かした。

 生きるために必死で働くバツイチ45歳の母親と、そんな彼女の前に現れた若手超一流デザイナーといった、境遇が違う2人が恋に落ちていく本作。クリーニング店で働くシングルマザーのカスミを演じた原田は、「どのシーンも印象深く、素晴らしいスタッフ・キャストと一緒に作品を作れたことを幸せに思います。演じる喜びを感じながら、夢中で演じました」と語り、カスミに興味を示す人気デザイナーのユーリを演じた斎藤も「こういう作品には生涯で何度も出会えるわけじゃないんです。台本の1ページ目から漂ってくる気迫、台本にない生きたドキュメンタリーの部分が込められている」と作品に惹きこまれた様子だった。

 お互いの印象について「斎藤さんはどこかミステリアスなのに、温かさが見える方」(原田)、「原田さんはひだまりのような、天使のような方」(斎藤)と語った2人。原田は極度の虫嫌いだそうで、「原田さんが奇妙な声をあげた時はそこに虫がいると分かりました(笑)。終始かわいらしかったです」と斎藤が振り返ると、思わず原田も苦笑い。この日はやや緊張ぎみの原田だったが、原田のマイクトラブルの際には斎藤がさりげなくフォローし、優しさを見せるひと幕も。

 9月放送のドラマ10『運命に、似た恋』(NHK総合)は、9月23日(金)後10時スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える