• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『カンフー・パンダ3』ひららちゃん一番好きな動物に「うさぎ」と答えて村本謝罪?

『カンフー・パンダ3』 Netflixオリジナル『カンフー・パンダ3』の日本初上陸を記念して、『カンフー・パンダ3』スペシャル上映イベントが都内で行われた。ウーマンラッシュアワーと天才子役として注目を浴びる早坂ひららが登壇し、『カンフー・パンダ3』の魅力と、そこで描かれる”親子愛”について、独身の村本大輔、実は一児のパパで柔道黒帯の中川パラダイス、天才子役の早坂ひららによるさまざまな視点から熱いトークが繰り広げられた。

 今年1月に全米で公開されたばかりの大ヒットシリーズ最新作『カンフー・パンダ3』は、「シュレック」、「マダガスカル」シリーズなどの大ヒット作を生み出しているドリームワークス・アニメーションの製作で、伝説のカンフー・マスター、ジャイアントパンダのポーの冒険を描いたアクション・コメディ・アニメーション。シリーズ第3弾は生き別れた実の父と再会し、パンダ村を訪れたポーが、新たな強敵を倒すためにカンフー・パンダ軍団の指揮を執る“師匠”という立場へと成長を遂げる様をコミカルに描いている。「カンフー・パンダ3」は、日本では8月19日よりNetflixにて独占配信。

 作品をイメージしてひららが黄色いカンフーの衣装とパンダ柄の靴下姿で登場し、「よろしくお願いします」と挨拶。村本と中川は終始笑顔が絶えず、可愛いひららにいきなりメロメロな様子。3人は楽屋でも打ち解けていた様子で、さっそく村本がひららの天才ぶりをわが子のように自慢。村本が「ひららちゃんは、いくつまで数字を数えられるの?」と聞くと「199!」と控えめに答えるひらら。ひららと同じく4歳の息子さんを持つ中川は、「ひららちゃん、実は1億まで数字を数えたことあるんだよね」とサポート。「うちの息子は7つまでしか数えられない。しかも、数を言い間違えるんで、ひららちゃんは天才ですよ~!」と、ひらら自慢が止まらない2人。
 事前に作品を見た3人に感想を聞くと、中川は「うちの子供は飽きずにずっと食いついていたし、一緒に見ている大人の僕も満足しました。また見返したくなる作品」と紹介。同じく感想を聞かれた村本は「僕らが感想を述べるより、観客の皆さんが今から見て白黒ハッキリつけて欲しい」とパンダにちなんだジョークをドヤ顔で飛ばしたが、会場は失笑。ひららの「パンダが可愛くて、面白かったです」という素直な感想とその可愛さに観客一同、納得。
 パンダの親子愛が描かれている『カンフー・パンダ3』にちなんで、ひららにお休みの日は家族で何をする質問したところ、「動物園に行く」と答えたひらら。村本が「これはPR関係者が喜ぶに違いない!」と満を持してひららに「好きな動物は?」と聞くと、即答で「うさぎ」と答えたひららに村本はタジタジ。村本は「ぼくの不徳の致すところです」と取材陣に謝罪しました。
 最後に、フォトセッションではパンダの被り物で再登場した3人。『カンフー・パンダ3』の主役で伝説のカンフー・マスター、ジャイアントパンダのポーと同じカンフーの決めポーズをひららとウーマンラッシュアワーが披露。次に、中川がカンフーポーズを決めた足の上にひららが乗って、同じくカンフーポーズを決める、という難易度の高いカンフーポーズに挑戦。残念ながらカンフー・マスターでない中川を気遣い、相方の村本がひららを後ろから支えて、ジャイアントパンダのポーさながらのカンフーポーズが実現した。

 Netflix オリジナル『カンフー・パンダ3』独占配信中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える