• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

9・20OA『こんなところに日本人』は森山良子が初のロシア旅で涙…

『世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル』 歌手の森山良子が、9月20日(火)に放送されるテレビ朝日系『世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル』(後7・00)でロシアへわたり、日本人探しの旅に挑む。

 今年4月よりスタジオレギュラーとして番組に加入し、「日本人探しの旅に行ってみたい!」と話していた森山。旅の舞台となるロシアは森山自身、初めて訪れる国。今回は首都・モスクワから1420キロ離れたエカテリンブルクを目指す。

 デビュー50周年を迎え「ゆっくりバカンスを取るつもりだったのですが…」と言いつつ、その貴重な休暇を返上して旅へ出発した森山は、飛行機と深夜発のシベリア鉄道でウラル山脈を超え、14時間かけて大移動。ようやくたどり着いたロシアの最果て、アジアとヨーロッパとの境の町で、森山は70年以上その地で暮らす日本人女性との出会いを果たす。

 両親は戦争で自決し、乳飲み子のときにソ連兵に助けられロシアへ。日本語すら話せず、自分の本当の年齢も、どこで生まれたのかさえ分からない。そんな壮絶な人生を歩んできた女性の話を聞いて、森山は涙を流す。

 ほかに、荻野目慶子はアルゼンチンのアンデス山脈の麓、千原せいじは自身2度目となるアフリカ・マダガスカルへそれぞれ日本人探しの旅へ。夏樹陽子のカンボジア旅後編も送る。

(C)朝日放送

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真