• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井澤勇貴に赤澤燈が「タラシだよな!」舞台「メサイア」新シリーズプレイベント

「メサイア-宵宮乃刻-」 舞台「メサイア-暁乃刻-」のプレイベント「メサイア-宵宮乃刻-」が9月17日(土)に東京・ニッショーホールで実施され、赤澤燈、井澤勇貴、長江崚行、山沖勇輝、伊藤孝太郎、小谷嘉一らが登壇。シークレットゲストとして玉城裕規、中村龍介も登場した。

「メサイア」シリーズは、“サクラ”と呼ばれる男性スパイたちの究極の友情と美しく激しいアクションが魅力のサスペンスエンターテイメントで、2010年のプロジェクト誕生以降、小説・コミック・舞台・映画・テレビドラマが制作された。

 今回のイベントは、これまでと同様の世界観の元、新たなキャラクターとストーリー展開で来年2月に東京と大阪で上演される新“刻”シリーズ「メサイア-暁乃刻-」始動を記念したキックオフイベント。同舞台のプロローグが上演された後、トークで約700人の観客が盛り上がった。

 新パートナー(=メサイア)となった加々美(杉江大志)とどんな関係を築いていくか質問された有賀涼役の井澤勇貴は、「前のメサイアの間宮(染谷俊之)とは、見た目ギクシャクしてるけど心は繋がっている渋い関係だったので、加々美とは仲良くやって対照的な面白さを出していきたい」とコメント。

 すると、過去作品では有賀のメサイア役だった白崎護役の赤澤燈が「お前タラシだよな。俺、間宮、加々美でメサイア3人目だろ? それでよく渋い関係とか言えるよな!」と愚痴って笑いを誘った。

 その後、外伝映画の製作決定がスクリーンを使って発表され、W主演の玉城裕規、中村龍介が大歓声と大きな拍手の中で登場。玉城が「主演だからいつもより出番が多い!!」とおどければ、中村は「自分が踏ん張ることで精一杯だけど、(後輩たちの)新しい風の刺激ってすごい。みんなが“先輩”と慕ってくれるけれど、僕は後輩とは思っていません。映画を作っていく仲間です。この外伝は僕と玉ちゃん(=玉城)が引っ張っていくから、ついてきてください!!」と意気込みを語った。

 毛利亘宏脚本の舞台「メサイア-暁乃刻-」は、2017年2月11日(土)~19日(日)に東京・サンシャイン劇場で、同2月25日(土)~26日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

 また、上記舞台と同じく原作の高殿円がストーリー構成を務める映画「メサイア 外伝(仮)」は、2017年夏頃公開予定。脚本は山口ヒロキ、横山あゆみ。

メサイアプロジェクト公式サイト(http://messiah-project.com

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える