• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「こんなにすぐリアルに使えるものがいただけるとは!」高畑充希が芳根京子からの意外なプレゼントに仰天

連続テレビ小説ヒロインバトンタッチセレモニー 10月1日(土)に最終回を迎える連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロイン・常子を演じる高畑充希と、10月3日(月)から始まる連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン・すみれを演じる芳根京子が、恒例の連続テレビ小説ヒロインバトンタッチセレモニーに登場した。

「一年間、お疲れ様でした」と高畑に花束を渡した芳根は、「精いっぱい、後を引き継いでいけるように頑張っていきたいと思います!」と意気込みを。すると高畑から「今までもすごくいろんなことがあったと思うけど、これからもきっといろんなことがあって、抱え切れないこともたくさん出てくると思います。私も3、4年前に、ここ(大阪放送局)でやっていたんだけど、みんなすごくいい人だから、そういうときはいっぱい甘えて、頼って、無理なときは無理言って、芳根ちゃんの魅力全開で張り切ってください」と朝ドラヒロインの先輩としてアドバイスを送った。

 セレモニー恒例のプレゼント交換では、高畑は万年筆を、芳根はブックカバーを互いにプレゼント。万年筆をもらった芳根は「すごくうれしいです。台本とか、大切な人へお手紙を書くときとか、そういう思いを込めたものを書くときに、ぜひ使わせていただきたいと思います」と笑顔。ブックカバーをもらった高畑は、「こんなにすぐリアルに使えるものがいただけるとは(笑)」と意外なプレゼントに驚くも、「名前も入っていて、私しか使えないからうれしいです。次の台本が必要になったときにからすぐに使います」と笑顔を見せた。

 また今回は、高畑から銀色のビーズで装飾された本物のバトンが芳根に渡され、2人はリレーのようなバトンを受け取るポーズもサービス。「バトンを受け取るとは聞いていましたが、こんなにキラキラとしたバトン初めて見ました」と豪華なバトンに驚いた芳根だが、「本当に“引き継がないと!”という思い。ありがとうございます!」と2週間後の『べっぴんさん』放送へ向けて気合を入れた。

 現在放送中の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は10月1日(土)に最終回を迎え、翌週10月3日(月)からは連続テレビ小説『べっぴんさん』がスタートする。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える