• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松岡茉優『聲の形』声優陣に囲まれ不安顔「熱烈オファーでここにいるんですよね?」

『聲の形』初日舞台あいさつ ベストセラーコミックの映画化『聲の形』の初日舞台あいさつが9月17日に新宿ピカデリーで行われ、声優を務めた入野自由、早見沙織、松岡茉優、山田尚子監督らが登壇した。

 本作は、「週刊少年マガジン」に掲載され、多くの賞を受賞した人気コミック原作で、『けいおん!』などで有名な京都アニメーションが手掛けるアニメーション映画。ガキ大将だった主人公・石田将也(声:入野)と、聴覚障害を持つ転校生の少女・西宮硝子(声:早見)の出会いと再会を描いた青春群像劇だ。松岡は、小学生時代の将也の声を担当している。

 主人公を演じた入野は作品について、「重いテーマを扱っていますが“繋がりたいのに繋がれない”“伝えたいのに伝えられない”そんな人とのコミュニケーションの部分を描いています」と説明。聴覚障害を持つヒロイン・硝子を演じた早見は、「もがいて必死に生きている普通の女の子と聞いて、作りこまずに演じることができました」とアフレコを振り返った。また、松岡は「(将也は)いじめっ子で目を塞ぎたくなるようなことも。“何でこんなことをするんだろう”と思っていました」と当初抱いていた疑問を明かすも、「山田監督が“純粋無垢なヒーロー”と説明してくださったので、ちょっと見方を変えてようやく少し理解できました」と。

 さらに、声優陣の中で唯一の女優ということで緊張した様子の松岡は、「私がこの舞台あいさつにいるのは、監督の熱烈なオファーですよね!? 名だたる声優さんの中に私のような新人俳優が…」と不安を露に。山田監督は「松岡さんが出演されているドラマが好きで夢中になっていたんです。そのときの松岡さんの役と、小学生の将也がどこかつながる思いがしたのでダメ元でオファーさせてもらいました!」とオファーの経緯を説明し、松岡も安堵の表情を浮かべていた。

 最後に山田監督は、「まっすぐな心を描き、(心を)むきだしにして作った作品です。愛情を持ってスタッフ皆で一生懸命作りました。どうか皆さんの明日に繋がる希望になりますように願っています」とメッセージを。

映画『聲の形』は、新宿ピカデリーほか全国大ヒット公開中。

【作品情報】

『聲の形』

キャスト:
石田将也/入野自由
西宮硝子/早見沙織
西宮結絃/悠木碧
永束友宏/小野賢章
植野直花/金子有希
佐原みよこ/石川由依
川井みき役/潘めぐみ
真柴智/豊永利行
石田将也(小学生)/松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
主題歌:aiko「恋をしたのは」
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション/ポニーキャニオン/ABCアニメーション/クオラス/松竹/講談社)
配給:松竹

公式サイト:http://koenokatachi-movie.com
公式Twitter: @koenokatachi_M

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える