• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

DAIGOが“DAI語”でPR「FBY」『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』特別映像公開

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』宣伝大使・DAIGO 11月23日(水・祝)公開の「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の宣伝大使・DAIGOがDAI語で本作を紹介する特別映像が公開された。
 本作は、『ハリポタ』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作のデイビッド・イェーツ監督とのタッグとあって、これまでのハリポタの世界観を正当に受け継いだ新シリーズとして、世界中から高い期待が寄せられている。
 特別映像には、『ハリー・ポッター』全作や、『ゼロ・グラビティ』などを手掛けている世界No.1とも言うべきプロデューサーのデイビッド・ヘイマンから、「きっと、この映画を盛り上げて日本中に魔法をかけてくれると信じています!FBY!“ファンタスティック・ビースト・よろしく!”WISH!」と“DAI語”で宣伝大使としてのお墨付きをもらったDAIGOが登場。
 先日行われた就任式では「日本で一番動物と触れ合っているロックミュージシャンなのですが、KP(河童)が魔法動物(ビースト)だとは知らなかったです」と明かしたが、映像では、“ニュートの相棒”ボウトラックルをはじめ、お気に入りだという“キラキラ大好き”二フラーなどかわいくも危険な魔法動物たちをしっかりと紹介。さらに魔法や、主人公ニュートについても紹介すると、ヘイマンに負けじと「FBY」とDAI語を披露。その手には、就任式で授与された誰も知らない魔法を放つ“ニュートの杖”が握られている。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、11月23日(水・祝)全国ロードショー。

<特別映像>
■ニュート編

■魔法動物編

■魔法編

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
11月23日(水・祝)、全国ロードショー

監督:デイビッド・イェーツ(『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
原作/脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ハリー・ポッター』全8作品)、J.K.ローリング

出演:エディ・レッドメイン(『レ・ミゼラブル』)、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル

公式サイト:fantasticbeasts.jp
公式ハッシュタグ:#ファンタビ
公式Facebook:www.facebook.com/fantasticbeastsjp/

配給:ワーナー・ブラザース映画

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ