• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「歌声にのった少年」出演の少女が出演料でパレスチナから亡命『世界一受けたい授業』で紹介の話題作

『歌声にのった少年』『パラダイス・ナウ』でアカデミー賞(R)外国語映画賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、ベルリン国際映画祭ヨーロピアンフィルム賞を受賞し、続く『オマールの壁』でも再びアカデミー賞(R)外国語映画賞にノミネートされたハニ・アブ・アサド監督の最新作『歌声にのった少年』が9月24日(土)より、新宿ピカデリーほかにて公開される。
 本作は、全米の人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のエジプト版「アラブ・アイドル」に出場し、見事2013年の“アラブ・アイドル”に輝いたムハンマド・アッサーフの実話を元にした感動のサクセスストーリー。紛争の絶えないパレスチナ・ガザ地区で暮らしていたムハンマド少年の夢は “スター歌手になって世界を変える”こと。姉や友人とバンドを結成し、ガザの町中で歌っていた。やがて青年になったムハンマドは、その夢を叶えるために命がけでガザから抜け出し、人気オーディション番組に出場する。

 ハニ監督は、『オマールの壁』に続き、本作もパレスチナで撮影を敢行。撮影の一部は、2014年のイスラエル軍による空爆の傷跡が残るガザ地区でも行われた。イスラエル当局による厳しい監視下にあるガザ地区での映画撮影は、通常の撮影以上にさまざまなトラブルが発生していたという。
 まずは、撮影場所の問題。ガザ地区での撮影許可を得るために、監督やスタッフは3、4か月間毎日イスラエル当局の担当者に電話をかけ続けたが、ガザで撮影できた日数はたったの3日間。そのため屋外のシーンはガザ地区で撮影し、それ以外のシーンはパレスチナ自治区内の別の場所をガザに見立てて撮影された。
 次に出演者の問題。ガザで暮らす子供たちを演じられるのは、実際に暮らしている子供たちだけだと考えたハニ監督。ガザ全域の学校でオーディションを開催し、数百人の参加者の中からムハンマドの少年時代を演じたカイス・アタッラー、姉・ヌール役のヒバ・アタッラーたちを選んだ。しかし、子供たちが撮影のためにガザ地区の外に出る許可が出たのは、撮影開始のわずか2日前。十分なリハーサル時間がとれないまま撮影を開始するしかなかったという。
 さらに、撮影が始まってからも、出演者が検問や境界を抜けられず現場に到着できないというトラブルが頻発。その度に撮影スケジュールの変更が強いられた。
 そんなトラブルだらけの状況で製作された本作からは明るいニュースも。姉・ヌール役を演じたヒバ・アタッラーが、本作の出演料を使い、ガザから抜けだして家族でオランダへの亡命を果たしたという。歌の力でガザの壁を超えたムハンマド・アッサーフの人生を描いた本作の舞台裏で、1人の少女が演技の力でガザの壁を超えたのだ。
 『歌声にのった少年』が9月24日(土)より、新宿ピカデリーほかにて公開。
 
<ストーリー>
“スター歌手になって世界を変える”―それがムハンマド少年の夢だった。姉のヌールや友人たちとバンドを組み、「カイロのオペラハウスに出る」というとんでもない目標をたてる。そんな矢先、ヌールは重い病に倒れ亡くなってしまう。姉という希望をなくし、青年になっても失意の中にいたムハンマド。彼は、周囲の励ましを受け、姉との約束を守るため、ガザの壁を超えてオーディション番組に出場することを決意する―。

『歌声にのった少年』
9月24日(土)新宿ピカデリー他全国順次ロードショー

監督・脚本:ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』)
CAST:タウフィーク・バルホーム、ナーディーン・ラバキ、ムハンマド・アッサーフ

公式サイト:http://utagoe-shonen.com/

2015年/パレスチナ映画/アラビア語/98分/シネスコ/デジタル5.1ch/英題:The Idol

提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

(C)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える