• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

黒木瞳初監督作「嫌な女」オーディオコメンタリーで裏話続々飛び出し「しゃべり足りない!!」

「嫌な女」オーディオコメンタリー 吉田羊と木村佳乃W主演で映画化した黒木瞳初監督作『嫌な女』のBlu-ray&DVDが12月7日(水)発売。黒木瞳監督が、共に4年の歳月をかけて脚本を練り上げた脚本家の西田征史とともに、オーディオ・コメンタリーに初挑戦した。映画撮影秘話だけでなく、2人の中にだけある制作裏話も明かされた。

 収録が始まると早速、こだわって選曲した音楽や、自身が演出したポイントを次々と明かす黒木瞳監督。店屋物の空きの器が映ったシーンでは、「この器についているごはん?は、私のお弁当の残りから使った」ことや、初日に撮影した、吉田羊演じる徹子の泣きのシーンで「もらい泣きした」ことなど、細かな演出から当日の現場の様子まで、余すことなく明かしている。吉田羊演じる徹子の履歴書の写真から徹子本人のアップに移るシーンでは、履歴書の写真の大きさと実物の大きさが合わず、ピントが合わないとことが判明。黒木監督は「履歴書を畳一畳くらいの大きさにしたら?」と提案し、現場で笑われたそう。結局その方法が採用され見事狙った演出が実現したが、「何もわからないから言えた」と“初監督”ならではのエピソードも明かした。
 映画化権を獲得し、黒木自身が監督を担うことも決まらない段階で、すでに「脚本は西田さんと決めていた」という黒木監督。初めて打ち合わせをしてから、撮影まで4年の月日をかけて、何回も改訂稿を作成した。原作小説では徹子が70歳代になるまで物語が続くが、西田は、「脚本では一度、それくらいまで書いたことがあったけど、それだと3時間くらいになった」と振り返り、繰り返し行った打ち合わせでは、原作にあるエピソードをどこまで膨らませるか、「たくさん話し合った」(黒木)と、その苦労を明かした。あるシーンでは、黒木監督のこだわりから「20回書き直した」(西田)こともあったそう。
 黒木監督は、脚本だけでなく、木村佳乃演じる夏子の衣装やヘアスタイルにもこだわった。ある時期の夏子には赤い髪にしたいと考えたが、どうしても思うようなウィッグが見つからず、最後には「宝塚のかつら屋さんに頼んだ」そう。また、吉田羊には、セリフの言い回しを“ドレミファソラシド”の音階で説明したり、21歳の時に宝塚で教わった“静かなシーンの後ははっきりとしたセリフで切り替えるといい”ということを活かすなど、“元タカラジェンヌ”ならではの演出法も取り入れた。実は、作品には宝塚時代の友人が30人ほど出演していることも明かしている。
 あるシーンの演出は「大好きなジョディ・フォスターの初監督作品『リトルマン・テイト』のオマージュ」だったことや、森田芳光監督の作品で身が演じたシーンの演出方法を思い出し、参考にしたことなど、「嫌な女」が完成するまでの苦労や裏話、そして携わったスタッフや観てくれた観客への感謝を余すことなく語っている。
 黒木監督は初めてのコメンタリーを終えて、「喋り足りない、もう1回できる!西田さんとは撮影がはじまってしまってからはお会いできず、すごく久しぶりだったので、今日一緒に収録して、あぁ そういえばそうだった!、こんなこともあったな、といろいろ思い出せた」と感想を語った。また、西田は、「映画化権を獲得してから映画になるまで5年越しの思いがあるので、話尽きないですね」と黒木監督とともに歩んだ月日を振り返った。

 監督・黒木瞳と脚本・西田征史による音声解説が収録された『嫌な女』ブルーレイ&DVDは12月7日(水)発売。

<ストーリー>
 石田徹子(吉田羊)はストレートで司法試験を合格し、弁護士となった才媛。28歳で結婚をし、人も羨む幸せな人生を送る…はずが、仕事も結婚生活も上手くいかず、心に空白と孤独を抱えた日々を過ごしていた。そんなある日、婚約破棄で慰謝料を請求されたという女性が徹子の元に訪れる。女性の名は小谷夏子(木村佳乃)。徹子の同い年の従妹だった。夏子は初対面の相手でも、たちまちするりとその懐に入ってしまい、男をその気にさせる天才。しばらくぶりで再会した二人だったが、この日以来、徹子は生来の詐欺師の夏子に振り回され、トラブルが起こるたびに解決に引っ張りだされることになり…。

<キャスト>
吉田 羊 木村佳乃
中村 蒼 古川雄大 佐々木 希 袴田 吉彦 田中麗奈 織本順吉 寺田 農 ラサール石井 永島暎子

<スタッフ>
監督:黒木瞳
原作:桂 望実「嫌な女」光文社文庫刊
主題歌:竹内まりや「いのちの歌」(ワーナーミュージック・ジャパン)
脚本:西田征史
音楽:周防義和/Jirafa

「嫌な女」
ブルーレイ&DVD 2016年12月7日(水)発売、DVD同時レンタル開始

Blu-ray ¥4,743+税
DVD ¥3,800+税

<映像特典>収録分数:約58分
メイキング・オブ・『嫌な女』
外国特派員協会記者会見
プレミア舞台挨拶
初日舞台挨拶
劇場予告編

<音声特典>
監督・黒木瞳と脚本・西田征史による音声解説

(C)2016「嫌な女」製作委員会

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える