• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

沢村一樹主演『刑事 犬養隼人』が9・24OA!人気アイドル役で福原遥も出演

沢村一樹主演『刑事 犬養隼人』 9月24日(土)に、沢村一樹が主演を務めるスペシャルドラマ『刑事 犬養隼人』(テレビ朝日系 後9・00)が放送される。

 沢村演じる“一切のうそが通用しない”寡黙な刑事・犬養隼人が帰ってくる。「さよらなドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家・中山七里の“刑事 犬養隼人”シリーズを映像化した第2弾。前作で“切り裂きジャック”を模した劇場型犯罪に挑んだ犬養が、再び世間を巻き込む大胆不敵な難事件に立ち向かう。

 前作同様、犬養のバディの若手刑事・古手川を演じるのは瀬戸康史。渡辺いっけい、温水洋一、堀部圭亮演じる警視庁のメンバーも引き続き登場。そして、「まいんちゃん」こと福原遥が人気アイドル役、加藤雅也がクセのある芸能プロダクション社長役で出演する。

 また、今作では沢村が「アクション要素を盛り込みたい」と自ら提案。犬養がたった一人で、ひとり娘に危害を加えようとする謎の覆面集団と対決するシーンでは、武器を持った相手に対して素手で立ち回るというアクションを沢村が緊迫感と迫力たっぷりに演じている。

 物語はある朝、真夏の日差しが差し込む公園のベンチで、胸にナイフが突き立てられた遺体が見つかったことが発端となって展開。被害者は、有名ロックバンドのボーカル・篠島(吉川純広)。生前、篠島の処女小説は文学賞を受賞し話題となっていたが、その評判はひどいもので「受賞は出来レースだった」と噂が巻き起こり、書評家のみならず一般人からもかなりのバッシングを受けていた。

 刺殺されながらも遺体からほとんど血が流れていなかったことに違和感を抱く犬養。まもなくして、小説家を自称する嵐馬(遠藤雄弥)が「俺が殺した」と自首してくる。嵐馬は出来レースで文学賞を受賞した篠島への恨みから殺害に及んだと自供するが、その稚拙な発言を犬養と古手川は信用しようとしない。

 いっぽう、犬養のひとり娘・沙耶香(桜田ひより)はたまたま通い始めたスポーツジムでアイドルの楓(福原)と知り合う。楓は篠島と同じ芸能プロダクションに所属していた。

 手がかりを求めて篠島の妻や、篠島が所属していた芸能プロダクションの社長・高森(加藤)、文学賞を主催していた出版社へと聞き込み調査を続ける犬養と古手川。そんな中、関東中央テレビに「楓を誘拐した」という犯行声明が。犯人は全国放送されるニュース番組を通じた人質交渉を要求。その交渉相手に、犬養を指名する。

(C)朝日放送

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真