• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「将棋を知らなくても面白い作品」将棋大好き声優・岡本信彦が『3月のライオン』の魅力語る

『3月のライオン』試写会 10月8日(土)スタートのアニメ『3月のライオン』の試写会が渋谷区のNHK放送センターで行われ、主人公・桐山零役の河西健吾、二階堂晴信役の岡本信彦が登壇した。

 羽海野チカ原作の人気漫画を、新房昭之監督とシャフト制作によってアニメ化した『3月のライオン』は、将棋のプロ棋士として厳しい世界に身を置きながら、1人孤独に生きる主人公・桐山零と、彼をめぐる人々との交流を描いた作品。

 主人公・零を演じた河西は、収録を振り返って「(第1話の)冒頭の9分半くらいしゃべらないまま進んでいくシーンがあり、アフレコをしながらどうなんだろう…とすごく考えていました」と。だが完成した第1話を見て、「本当に素晴らしいものができたなと思いました」と自信を見せた。

 いっぽう、将棋好きとしても知られる岡本は、「原作も大好きですし、将棋を題材にしている作品なので本当に出たかったです」と笑顔で語り、「将棋を声優界でもっと流行らせたいんですけど」と将棋好きとしての野望も明かしたが、「なかなか流行ってくれない…」と嘆いていた。

 そんな岡本は、将棋好きの視点から、「棋譜がもともとしっかりとした既存の棋譜を使っているので、指す専門、見る専門の方でも、見ごたえがたっぷりある」と将棋好きも満足できる内容としながら、「この作品のすごいところは“将棋を知らなくても面白い”。というのが一番重要なところで、人間ドラマがとても素晴らしい」と作品の魅力を語った。

 主題歌をBUMP OF CHICKENが担当することや、神木隆之介主演の実写映画が来年3月に公開されるなど話題のアニメ『3月のライオン』は、10月8日(土)よりNHK総合で、後11・00より放送される。

『3月のライオン』
NHK総合
毎週土曜日 後11・00~11・25

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える