• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

名女優トニ・コレット×ドリュー・バリモア初共演!11・18全国公開「マイ・ベスト・フレンド」予告編公開

『マイ・ベスト・フレンド』『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』などで個性的な女性を力強く演じてきたトニ・コレットと『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『ラブソングができるまで』など数々の大ヒット作でチャーミングな女性を演じ続けているドリュー・バリモアがW主演を果たした、『マイ・ベスト・フレンド』が11月18日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

 製作は日本でも大ヒットを記録した『おみおくりの作法』のクリストファー・サイモンが担当。監督は、一大センセーションを巻き起こした『トワイライト~初恋~』などで知られる女性監督キャサリン・ハードウィックが務め、女性同士のあたたかく深い友情を女性監督ならではの視点で描き、“女ともだちあるある”がちりばめられ多くの共感と感動を得られる作品に仕上げた。

映画『マイ・ベスト・フレンド』予告編

<ストーリー>
 少女期から思春期、そしていままで一緒に成長をしてきた幼馴染で親友のミリー(トニ・コレット)とジェス(ドリュー・バリモア)。それぞれに大切な家族やパートナーができるも、乳がん、不妊など女性が直面しうる壁にふたりはぶつかる。乳がんを経験した脚本家の実体験が投影された脚本は、相手を思うがゆえにすれ違ってしまうことや、周りの家族の戸惑いと温かさがリアルに丁寧に描かれている。女性にとって心の奥に抱えている不安を打ち明けられるのは、かけがえのない大親友―そんな女性同士の深い友情は明るさと切なさが溢れており、現代を生きるすべての女性必見の最高の感動作となっている。
 また、本作の舞台となった伝統と流行があわさったオシャレなロンドンの街や対照的なヨークシャーでの荒野、ハイブランドの最新作を着こなすミリーとナチュラルなロハス系のジェスのリアルクローズも見逃せない。
10月25日より開催される、第29回東京国際映画祭特別招待作品として上映予定となっている。

「マイ・ベスト・フレンド」
11月18日(金)、TOHO シネマズ シャンテ他にて全国ロードショー
公式サイト:http://mybestfriend.jp/

<ストーリー>
 幼いころからの大親友で、ファーストキスから初体験まで、互いの全てを知っているミリーとジェス。この友情は何も変わることなく、永遠に続いていくと信じていた。ところがある時、ミリーに乳がんが見つかり、同じころジェスの妊娠が発覚。不妊治療を続けてきたジェスは母となる喜びを誰よりもミリーと分かち合いたいが、ミリーのことを思うと、どうしても打ち明けられない。相手を想うがゆえに言葉にできないことがふえていく、2人の友情のゆくえはー。

<スタッフ>
監督:キャサリン・ハードウィック(「トワイライト~初恋~」「赤ずきん」)
製作:クリストファー・サイモン(「おみおくりの作法」)

<キャスト>
トニ・コレット(「リトル・ミス・サンシャイン」「しあわせはどこにある」)
ドリュー・バリモア(「チャーリーズ・エンジェル」「だれもがクジラを愛してる」)
ドミニク・クーパー(「リンカーン/秘密の書」「ドラキュラZERO」)
パディ・コンシダイン(「ブリッツ」「パレードへようこそ」)

日本版テーマソング:平原綾香「STAR」(ユニバーサル ミュージック)

配給:ショウゲート

(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える