• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

古館伊知郎が『報ステ』以来、6か月ぶりのテレ朝出演「視聴率も気になるところ」

『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 3時間SP』 古館伊知郎が、10月3日(月)に放送されるテレビ朝日系『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 3時間SP』(後7・00)で、12年間メインキャスターを務めた『報道ステーション』以来、初めて同局に出演することが分かった。実に6か月ぶりの“里帰り”に、古館は「期末期首の大事な時期のゴールデン3時間スペシャルということで、視聴率も大変気になるところではございます」と語っている。

 古館はスタジオ出演だけでなく、MCを務める爆笑問題とともに奈良で日本仏教のルーツを知るロケにも参加。かねてより仏教に強い興味を持ち、造詣も深い古館はのっけからテンションMAX。飛鳥寺や東大寺、興福寺などを巡りながら、持ち前のマシンガントークをさく裂させたという。

 収録後、古館は「爆笑問題のお二人と久々に再会でき、さらに自分自身の“ファン心理”が疼く『仏教』というテーマだったので最高に楽しかったです」と大満足。「楽しくて有頂天になってしまい、冷静に思い返すとしゃべりすぎていますし、見ている方にも不快感を与えるかもしれません(笑)」と言いつつも「しかし仏教というのは、苦しい思いの果てに境涯が開けてくるものですので、その観点に立って考えたら“私がもたらす不快感も甘んじて受け止めよ!”と思うわけでございます(笑)」とまくし立てた。

 そんな古館との共演に、太田光は「『報道ステーション』以来のテレ朝復帰を我々の番組で迎えられたというのは本当に光栄なことですし、うれしかった」とコメント。田中裕二は「12年の時を経て、パワーアップして帰ってきた古館さんを堪能していただきたい」とPRした。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真