• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

9・26OA『しくじり先生』は水道橋博士が不祥事の経緯激白!徳光正行&南原竜樹社長も授業

水道橋博士 9月26日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7・00)は水道橋博士、徳光正行、南原竜樹社長が“しくじり先生”として出演する。

 水道橋博士は“固定観念に縛られて不祥事連発しちゃった先生”として登場。相方の玉袋筋太郎と漫才コンビ“浅草キッド”として活躍する水道橋博士だが、その一方で“東京大学で乱闘事件”“居酒屋で暴行事件”“早稲田大学から大クレーム”“慶応大学学長から大説教”“生放送中に番組降板”“SNSが大炎上し、殺害予告が舞い込む”など数々の騒動が。運転免許証不正取得で書類送検された過去もあり、その結果、全レギュラー番組を降板。出演CMも打ち切りになり、無期限の自宅謹慎を余儀なくされ、無収入生活に陥ったこともあるという。水道橋博士は「芸人とは無茶をする存在であるべき!」という固定観念に縛られすぎていたと自己分析し、人生の教訓を真摯に語る。

 徳光和夫を父に持つ徳光正行は“親のすねをかじりすぎて妻に愛想をつかされちゃったクズ男先生”として登場。2010年6月に結婚するも、2015年1月に電撃離婚した徳光正行は、自分が親のすねをかじり続けて生きてきた“クズ男”だったために愛想をつかされてしまったと原因を説明。その経験を例に“徳光式ダメ夫チェック”と題して、将来、ダメ夫になりそうな男を見分けるポイントを伝授する。

『マネーの虎』(01年~04年/日本テレビ系)でおなじみだった南原社長は“マネーの虎でイキっていたのに、ホームレスになっちゃったしくじり社長”として登場。24歳のときに自動車輸入販売会社を設立し、一時は年商100億円を叩きだした南原社長。しかし、『マネーの虎』終了から約1年後、100億円の損害を出し、ホームレス生活を送っていたと告白。現在は会社を再生させ、見事に復活した南原社長が“上司が部下にやってはいけないしくじり行動”や“しくじり社長の金言”を伝授する。

●レギュラー出演
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)

●しくじり先生(50音順)
しくじり先生:水道橋博士、徳光正行、南原竜樹

●生徒(50音順)
あき竹城、秋元才加、伊集院光、梅沢富美男、大家志津香(AKB48)、岡本夏美、澤部佑(ハライチ)、高橋真麻、田山涼成、長嶋一茂、葉加瀬マイ、眞鍋かをり、横山由依(AKB48)

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真