• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野沢直子が『しくじり先生』で芸能活動休止の真相をテレビ初告白

野沢直子 野沢直子が、10月10日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7・00)に出演し、芸能活動休止の真相をテレビ初告白することが分かった。

 現在、アメリカ人の夫と娘2人、息子1人とともにアメリカ・サンフランシスコに暮らし、海外を拠点に活動する野沢。番組には“天才を目の当たりにして海外に飛んじゃった先生”として登場し、“井の中の蛙が大海に出たときに自分を見失わないための授業”を実施する。

 1983年、20歳のときに芸能界デビューした野沢は、ダウンタウンやウッチャンナンチャンらとともに伝説的なコント番組『夢で逢えたら』などで活躍。しかし、その『夢で逢えたら』出演中の1991年、すべてのレギュラー番組を捨てて突然、国外脱出。当時は「海外で勝負できる芸人になって、1~2年で帰ってくる」と話していたが、実はそれは大うそで、帰国するつもりは毛頭なかったという。

 野沢は「自分が一番面白い!」と勘違いした“井の中の蛙女”だったと振り返り、年月が経った今だからこそ、ようやく話せるようになったという真実を告白。そして、“自分が一番だ”と勘違いしている人々に向けて、自らの挫折から学んだ人生の教訓を伝授する。

<レギュラー出演>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)

<しくじり先生>
野沢直子ほか

<生徒>(50音順)
伊集院光、岡本夏美、榊原郁恵、澤部佑(ハライチ)、舞の海秀平、米倉涼子ほか

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真