• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宇多田ヒカル、最新アルバムの制作裏側をテレビで公開

宇多田ヒカル 約8年半ぶりとなるニューアルバム「Fantome」をリリースして注目を集めている宇多田ヒカルをクローズアップする『Love music 特別編 宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』が、9月30日(金)にフジテレビ系で放送される。

 『ライナーノーツ』は毎回1組のアーティストを特集し、音楽そして人に迫る音楽ドキュメンタリー・シリーズ。ファンを公言するタレントや盟友であるクリエイターたちがビデオレター形式でその楽曲や人柄を語り、アーティスト自身もそのインタビュー映像を見ながら話に答えていくという二重構造でアーティストの本質に迫っていく。

 今回は宇多田を愛してやまないという女優・長澤まさみ、シンガー・ソングライターのハナレグミ、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、ラジオDJのクリス・ペプラーが登場。おのおのが「好きな曲」「楽曲の魅力」「詞の魅力」「宇多田との思い出」などを語り、宇多田に聞いてみたいことを最後に質問。そのVTRを見た宇多田が彼らに1つひとつ答える形で、曲作りの過程やレコーディング秘話、クリエイターとしてのこだわり、自らの人生、その過去と現在、そして未来について言葉を紡いでいく。

“人生に起きる出来事で1位、2位になるような重大な出来事をこの数年に続けて経験した”という宇多田。子育てをしながら作り上げた最新アルバムの制作の裏側、現在の心境が浮き彫りに。日本を代表するヒットメイカーで、希代の歌姫である宇多田の神髄が明らかとなりそうだ。

『Love music 特別編 宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』は、9月30日(金)後11・30~11・58にフジテレビ系で放送。MCは森高千里、渡部建。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える