• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

10・1ついにゴング『タイガーマスクW』GWM最恐レスラー・レッドデスマスク役は三浦祥朗

『タイガーマスクW』 テレビ朝日にて10月1日(土)深夜2時45分からスタートする『タイガーマスクW』。放送スタートを目前に第1話「二頭の虎」より迫力満点の先行場面カットが到着し、キャラクターも追加で発表された。

 ナオトとタクマがお互いの正体を知らぬまま、それぞれ「タイガーマスク」「タイガー・ザ・ダーク」として初めてすれ違う象徴的なシーンや、2人がまだ藤井大助率いる「ジパングプロレス」の練習生だったころなど、物語のカギとなる重要な場面、また新日本プロレスのオカダ・カズチカの登場シーンも初公開。

 また、GWMの最恐レスラー、赤き死の仮面・レッドデスマスク役が三浦祥朗と発表された。

■レッドデスマスク(CV:三浦祥朗)
虎の穴が送った刺客の一人。真っ赤なコスチュームが印象的で、握力を生かした技が得意。

<三浦祥朗 プロフィール>
3月24日生まれ。青二プロダクション所属。
主な出演作は『ワールドトリガー』歌川遼役、『俺たちに翼はない』千歳鷲介役、『金色のコルダ Blue♪Sky』氷渡貴史役等。

『タイガーマスクW』
2016年10月1日(土)よりテレビ朝日にて放送開始
毎週土曜深夜2時45分
※一部地域をのぞく

<第1話STORY>
タイガーマスクが姿を消してから40数年後。虎の穴はひそかに復活していた。GWMというアメリカの巨大団体を隠れみのに、プロレス界の独占を目指していた。その魔の手は日本にもおよび、1人のレスラーが引退に追い込まれた。そのかたきをうつために、2人の若者が過酷な運命に身を投じた。
 東ナオトは、高岡拳太郎の元で特訓を積み、新たなタイガーマスクとなる。藤井タクマは、自ら虎の穴に身を投じ、新たにタイガー・ザ・ダークとなる。ここに2頭の虎が生まれた。
 GWMの日本公演。タイガーマスクは試合に乱入し、タイガー・ザ・ダークと邂逅する。ナオトとタクマが互いにその正体を知らぬままに。

<スタッフ>
シリーズディレクター:小村敏明
シリーズ構成:千葉克彦
キャラクターデザイン:香川久
アクション作画監督:羽山淳一
美術デザイン:渡辺佳人
音楽:高梨康治(Team-MAX)、刃-yaiba-

<キャスト>
八代拓、梅原裕一郎、三森すずこ、森田成一、鈴村健一 ほか

主題歌:「行けタイガーマスク」湘南乃風
エンディング曲:「KING OF THE WILD」湘南乃風

公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/

©梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える