• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジャズの帝王マイルス・デイヴィス、初の映画化!命日9・28にポスタービジュアル解禁

「MILES AHEAD」『ホテル・ルワンダ』(04)でアカデミー賞(R)主演男優賞にノミネートされた実力演技派俳優、ドン・チードルの初監督、主演最新作「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」が12月23日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー。マイルスの命日である9月28日、本作のポスタービジュアルが解禁された。

 ジャズ・ミュージックの歴史を語る上で欠かすことのできない巨人であり、既存のジャンルやスタイルを打ち破り革新的なサウンドを創造したマイルス・デイヴィス。1991年に死去するまでおよそ半世紀にもおよぶキャリアの中で、病気療養を理由に創作活動を休止し表舞台から姿を消した期間があった。トランペットを手放した“空白の5年間”に彼に一体何があったのか?

 史実とフィクションを織り交ぜ、“マイルス・デイヴィス”を描き切ったのは、この念願の企画で監督デビューを飾り、製作、共同脚本、主演を務め完璧なまでに体現したドン・チードル。マイルスが遺した珠玉の名曲を全編にフィーチャーし、常に新しいサウンドを求め音楽の可能性を切り開いていった彼の不屈のスピリット、底知れないパッションを体現。“ジャズの帝王”と呼ばれた天才の狂気と真実がいま初めて明かされる。

 現実と幻想が絡み合う、謎めいた70年代後半の隠遁期のマイルスの視線の先には何が見えるのか。トランペットの猛特訓を積み、ささいな仕種やハスキーな声色まで細やかに再現し、入魂の演技を見せるドン・チードル。彼の相手となった音楽記者に扮したユアン・マクレガーとの軽妙にして即興的な掛け合いも大きな見どころの1つだ。

「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」
12月23日(金・祝)より TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

<ストーリー>
1970年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼のカムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良に苦しみ、ドラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。やがてデイヴと行動を共にするうちに、悪辣な音楽プロデューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起への希望の光なのか……。

監督・製作・共同脚本・主演:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』)
出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルデイ
音楽:ロバート・グラスパー

原題:Miles Ahead /2015年 アメリカ映画/上映時間:101分
字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:小川隆夫/PG-12

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:Miles-Ahead.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ