• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

堀江貴文x漫画家・平松伸二が現代に潜む“マネーモンスター”を語る

堀江貴文と漫画家の平松伸二 ジョディ・フォスター監督×ジョージ・クルーニー×ジュリア・ロバーツと、アカデミー賞受賞者たちが競演を果たした映画『マネーモンスター』のブルーレイ&DVDが10月7日(金)にレンタル開始、10月12日(水)発売となる。

 本作は、全米で高視聴率を誇る財テクバラエティ番組「マネーモンスター」での株式情報を鵜呑みにし、全財産を失ったある若者が番組をジャックするところから物語が始まる。番組視聴者同様、我々もその緊迫した事件の行く末を目撃することになる、というリアルタイム・サスペンス。本作のリリースを記念して、堀江貴文と漫画家の平松伸二をゲストに、<現代に潜むモンスターと金を斬る!>と題し、トークショーが都内で行われた。

 本作を見た感想について、堀江は「あの価値観でスタジオに乗り込んでくるのは馬鹿だなって思いましたね。しかも、彼女がいたことに驚きました」とスタジオをジャックする少年カイルについてコメント。一方、平松はジュリア・ロバーツ演じるプロデューサー役のパティについて「命を守ることに対して、女性の方が敏感で過剰に反応するなって思いました」と。

 今回のトークショーのテーマでもある投資やお金についての話になると、堀江は「僕が株を買うのは、世の中の株を買う人達が気付かないような事象に気付いた時だけですね。それに、僕は基本的にベンチャーにしか投資しないんですけど、自分が応援したい企業に投資しているだけなんです」と自身の投資に対してのこだわりを語った。

 続いて、過去に堀江が球団を買収しようとしたことの話題に。平松から「あの時は堀江さんのこと本当にすごいなって思いましたよ」と言われた堀江は、「あれも一つの手段なんです。僕はお金を一つのツールとしか考えていなくて、自分がやりたいなって思ったことにお金が必要だからお金を投資するんです」と。MCから「あの頃の堀江さんが一番マネーモンスターでしたよね!」と言われると、会場からは笑いが起こる場面も。

 その後、本作のブルーレイ&DVDリリースを記念して平松が描き下ろした、『マネーモンスター』の前日談を描いたコミックが登場。MCから「これを描いたときは楽しかったですか?」と聞かれると、平松は「僕は漫画を描いている時に楽しいことなんてないですよ」と意外なコメント。堀江は「めちゃくちゃこの作品と合ってますね。僕は絵が下手なのでうらやましいです。すごいと思います」と平松を絶賛。さらに、「僕も経済時代劇の漫画を描いてみたいんです。絶対面白いと思うんですよ」と漫画業界への興味と自身の構想を語った。

 また、この日のために平松が堀江をイメージして描き下ろしたという「ホリエモンスター」と題したイラストがプレゼントされるサプライズも。堀江は「すごいですね!ありがとうございます」と世界で一枚のイラストに喜んだ様子。

 最後に本作について、堀江が「この映画は面白いです。乗り込んでくる少年(カイル)の馬鹿さを観てほしい。あの馬鹿さ加減が良いんです!それに、この映画は(本編が)短いし展開が早くて良い」と本作をPRし、トークショーは幕を下ろした。

『マネーモンスター』ブルーレイ&DVD
10月7日(金)レンタル開始、10月12日(水)発売
※デジタルセル&レンタル先行配信中

【初回生産限定】
ブルーレイ 4,743円+税
DVD 3,800円+税

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える