• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

尾野真千子がアクション&濡れ場にも挑戦!ドラマスペシャル『狙撃』10・2OA

尾野真千子主演『狙撃』 10月2日(日)に、尾野真千子が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『狙撃』(後9・00)が放送される。

 永瀬隼介が2010年に上梓した本格警察小説「狙撃 地下捜査官」が原作。尾野は警察内部の権力闘争を根源とするある次期首相候補狙撃事件に絡んだ、大がかりな隠ぺい工作に迫る女性刑事・上月涼子役で、激しいアクションや濡れ場にも挑んでいる。共演には、事件の一部始終を記録した通称“呪いのファイル”の開封キーを隠し持つ公安刑事・貴島彰役の阿部サダヲ、涼子を捜査にスカウトする直属の上司・鎮目役の佐藤浩市をはじめ、豪華キャストがずらり。尾野、阿部、佐藤の3人は今作が初共演となる。

 西小金井署の刑事・涼子(尾野真千子)は、捨て身のおとり捜査で強姦犯を逮捕。手柄はたちまち署内で話題になるが、不倫が原因で警視庁捜査一課から左遷させられてきた涼子に近づく人間は誰もいない。そんな涼子に本庁の警務部長・城田(でんでん)は、所轄に籍を置いたまま本庁に勤務するという異例の配置転換を言い渡す。行き先は、警視庁警務部特務監察室。城田いわく「関わると不幸になる」という室長の鎮目(佐藤浩市)の下、涼子は警察官を内偵する任務に就くことになる。
 ©
 最初の任務は、警察官の覚せい剤関与疑惑。しかし、内偵対象の斉木(眞島秀和)は涼子のかつての不倫相手だった。「自分の目で見た者しか信じない」と、鎮目に黙って斉木と連絡を取る涼子。翌日、斉木の身柄を拘束した鎮目は警視庁公安部理事官の左遷と引き換えに犯罪を隠ぺい。楯突く涼子に対し、鎮目は「俺たちの仕事は組織を守ること。異物の排除に世の善悪は関係ない」と一蹴すると、次の日までにすべて目を通すか、辞職かの道を選べと、“宮田議員暗殺未遂狙撃事件”に関する大量の資料を差し出す。

 事件が起きたのは15年前の6月30日。次期首相と目されていた現役閣僚の宮田(柄本明)が何者かに狙撃された。そしてその日、涼子は強盗犯に母を殺されるという人生最悪の日を迎えていた。

原作:永瀬隼介
脚本:保木本真也
演出:秋山純
出演:尾野真千子、阿部サダヲ、北村有起哉、小市慢太郎、眞島秀和、鈴木麻衣花、永山たかし、南圭介、柄本明、鈴木杏、でんでん、長谷川初範、松重豊、佐藤浩市ほか

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える