• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

黒木メイサ、成宮寛貴、深田恭子、北村一輝主演『世にも奇妙な物語』10・8放送

『世にも奇妙な物語'16秋の特別編』 10月8日(土)の『世にも奇妙な物語’16秋の特別編』(フジテレビ系)は、黒木メイサ、成宮寛貴、深田恭子、北村一輝がそれぞれ主演するオムニバス4作品と久保田紗友、山田杏奈が出演するショート・ショートの5つの奇妙な物語が放送される。

 『奇妙』シリーズ初主演の黒木メイサは『シンクロニシティ』に主演。黒木演じる栄子はある日、高校時代の友人、朱美と成人式以来の再会を果たす。すると、栄子と朱美の間には、驚くほど偶然の一致があることに気付く。それを“シンクロニシティ”と呼ぶと聞いたその日こそ、12年前、高校でいじめにあっていた友人が自殺した日…二人のシンクロニシティはどこに行き着くのか。
 黒木は『奇妙』の世界に初めて主演したことについて「26年も続いている『世にも奇妙な物語』の世界にまさか自分が入れるとは思っていませんでした。子どもの頃からあのテーマソングが流れると緊張してしまい、今もそうです」と語った。
 さらに、自身のシンクロニシティ経験について「偶然の一致としてまず思い出したのは、私の祖母と私と娘がみんなたつ年ということです。共演者の方とも、そのときは意識していないかも知れないけれど意外とシンクロニシティ的な経験をしているかもしれない、と語り合っていました。実は今回共演した内田滋さん(教師役)とは5年半前にある席でご一緒したことがあったのですが、二人の共通の知人の方から、内田さんとの共演シーンの撮影が終わったまさにその日に半年ぶりくらいに電話がかかってきてびっくりしました」と語った。
 成宮寛貴は『貼られる!』に出演。成宮も、黒木同様にシリーズ初主演となる。成宮演じる、人にレッテルを貼っていたエリートサラリーマン・椎名毅は、ある日突然、人から貼られたレッテルが目に見えるようになる。自らを完璧な人間だと思っていた椎名にとって、同僚や仕事相手からの辛辣なレッテルは衝撃的だった。これをきっかけに、椎名の生活が一変していくことに―。
 成宮は「『世にも奇妙な物語』に出るならばこういう作品に出たいというこだわりがありました。まさに今回の作品がそれであり、タイミングもぴったり合い、今回初めて出演することになりました。『世にも』と書かれた台本を手にしたときには“おー、ついにやるんだ!”と思いました」と初主演の喜びを語った。
 レッテルを貼られるという設定については「自分に貼られたレッテルを逆にバネにしたり、それを逆に利用していく、というところが僕らの仕事だと思っているので、レッテルを貼られることには慣れてしまいましたね」と。
 深田恭子は、過去3回『世にも奇妙な物語』に出演しており、今回唯一の『奇妙』経験者となる。深田演じる女性アナウンサーの栞(しおり)は29歳にしていまだ泣かず飛ばず。ある日自分の大切なものを捨てた結果、良い仕事が舞い込んでくるという経験をする。それ以来、ひたすら捨てることにとらわれていく。
 狂気を感じさせるほどの役を演じた深田は「奇妙な世界観でありながら、誰しもが身近なこととして感じられるお話だと思います」と。また今回、役を通して初めてニュースキャスターを体験したことについて「(共演した)榎並(大二郎)アナからアナウンサーの方とキャスターの方の違いについて、また、報道番組がどのように作られているかというお話を伺い、大変興味深かったです」と語った。
 黒木、成宮同様にシリーズ初主演となる北村一輝が出演するのは、列車の中で向かい合わせに座った3人の男の物語。北村が演じるのは、警察なのか組員なのか最後まで分からないキザな男。麻薬取引に関わる大事件の真犯人がこの中にいるのか、いないのか、果たしてその結末とは――。
 北村は「先が読めない展開でハラハラ感がありました」と語り、もし自身が緊張感を伴うかけひきをしなければならない状況に陥ったら?と聞かれると「目線に気をつけます。ウソをついてもすぐばれてしまうので」と。
 また、シリーズ初主演については「26年というと自身のキャリアとほぼ同じ年数で駆け出しの頃、憧れていた作品にようやく主演できることがうれしい。あのテーマソングが流れる『世にも奇妙な物語』の世界に入るのが楽しみです!」と喜びを語った。
 今回はオムニバスドラマ4作に加え、ショート・ショートストーリーを1本放送。人工知能との掛け合いを描いた本作には、CMで清涼で凜としたたたずまいを見せる久保田紗友と、同世代の中で圧倒的な存在感を放つ山田杏奈が出演する。
 『世にも奇妙な物語’16秋の特別編』はフジテレビ系で10月8日(土)放送。

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語‘16秋の特別編』
フジテレビ系
10月8日(土)午後9時~11時10分

出演:ストーリーテラー タモリ

『シンクロニシティ』
主演:黒木メイサ

原作:新津きよみ「シンクロニシティ」「彼女たちの事情」(光文社文庫)所載
脚本:岡田道尚
演出:岩田和行
出演:逸見栄子…黒木メイサ
川島朱美…藤井美菜 他

<ストーリー>
ある日、栄子は恋人からプレゼントされた時計のサイズを直すため時計店を訪れると偶然高校時代の友人、朱美に出会う。成人式以来の再会に喜ぶ二人。しかも時計を直しにきた理由に始まり、恋人の名前、彼氏とつきあい始めた日まで同じであることが判明する。そんな二人の会話をバーで聞いていたマスターがそれはシンクロニシティという現象であると伝える。偶然の一致が重なり興奮する二人だった。がある事に気付いた瞬間二人の顔から笑顔が消える。今日、8月7日は12年前の高校時代、二人も加担したいじめが原因で友人が自殺した日だった。さらに栄子たちに思いもかけない恐ろしい“偶然の一致”が襲いかかる…!

『貼られる!』
主演:成宮寛貴

原案:HERO「レッテルのある教室」「7と嘘吐きオンライン HERO個人作品集」(ガンガンコミックスONLINE/スクウェア・エニックス刊)
脚本:宇山佳佑
演出:品田俊介
出演:椎名 毅…成宮寛貴
半田愛奈…三倉茉奈
半田辰夫…渡辺哲  他

<ストーリー>
椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍していた。上からは信頼され下からは頼りにされ、椎名あっての融資課といわれるほどの成績を誇る。ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねるとその瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付く。
この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が発言とは裏腹に毅を酷評していることを知り毅はがく然とする。

『捨て魔の女』
主演:深田恭子

脚本:吉井三奈子
演出:土方政人
出演:土岐田 栞…深田恭子
土岐田夏希(栞の妹)…阿部純子
佐竹アリス(栞のライバルアナウンサー)…上野なつひ 他

<ストーリー>
女性アナウンサーの栞は29歳にもなりながら未だアナウンサーとして花開かず妹には向いてないのではと心配されるほど。そんなある日、たまたますれ違った僧侶に声をかけられ、何かを得たければ何かを捨てなければいけないとの言葉をかけられる。一番のお気にいりのシャツがレポート中に破けてしまったその日、抽選会場で高級牛肉が当たる。そんなことをきっかけに何かを捨てると良い仕事が舞い込んでくる、という体験をした栞はついに身の回りの大切なものを捨て始める。ついに栞が行き着いたところとは…。

『車中の出来事』
主演:北村一輝

原作:我孫子武丸「車中の出来事」「たけまる文庫 謎の巻」(集英社文庫)所載
脚本:森ハヤシ
演出:植田泰史
出演:キザな男…北村一輝
優男…古川雄輝

猪首(いくび)の男…杉本哲太 他

<ストーリー>
時は昭和30年前半頃、舞台は走る列車の中。ある車両の最後尾、向きあわせに乗り合わせた3人の男を中心に物語は展開していく。猪首(いくび)の男と隣り合わせに座る優男。彼の前に座ったのがキザな男。実は猪首(いくび)の男が警察で優男は護送されている途中だったのだ。この3人が実はある麻薬取引を巡る事件と大きな関連があるらしい。3人の化かし合い、駆け引きの中から真実をたぐりよせていく。最後の最後まで先が読めない! 真実がわからない!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える