• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「自分を追い込んだ」山谷花純、初主演作でストイックな姿勢語る

「自分を追い込んだ」山谷花純、初主演作でストイックな姿勢語る 映画「シンデレラゲーム」(公開中)の初日舞台あいさつが10月1日(土)、シネマート新宿にて開催。主演の山谷花純のほか、吉田明加、春川芽生、佐々木萌詠、清水あいり、阿知波妃皇らが劇中衣装で登壇した。

 本作は、落ちこぼれアイドルたちが孤島で壮絶な殺し合いを繰り広げる衝撃作。トップアイドルを目指し、サバイバル・カードバトルが展開される。

 本作が映画初主演となる山谷は、「撮影開始の2週間ぐらい前に出演が決まりました。怒涛の撮影期間を経て、こうやって皆さんに届けることができてただただほっとしています」と初日を迎えた実感を語り、「お仕事自体は小さい頃からやらせていただいてますが、(舞台あいさつで)こうして真ん中に立てるのは初めて。慣れなくて不思議な気持ちです」と付け加えた。

 タイトなスケジュールで強行されたという本作の撮影。メガホンを取った加納準監督は山谷について「凛としていました。撮影が終わると、張りつめた糸がぷつんと切れたような感じで、脱力し、泣き…。本当にしんどかったみたいです。“殺されるんじゃないかと思って毎日現場にいた”と言っていて」とその様子を述懐。山谷も「(私の演じる灰谷沙奈は)一番“人の死”に敏感なんです。撮影期間が短かったからこそ、自分を追い込んだほうが作品にも自分にもプラスになると思って。初主演で特別な思いがあったから、自分を追い込んでいたのかもしれないです」と現場でのあり方について説明した。

 作品同様、胸元が露わになったセクシーな衣装で登場した清水。作品には走ったり取っ組み合いになったりと激しいシーンもあるため、「普段のグラビアの現場なら、水着でどんだけ(胸が)出ようが問題ないんですけど、こういう現場だと気を使いましたね。出ちゃわないように(笑)」と清水なりの苦労を明かした。「無事でした」と安堵の表情を浮かべる清水だったが、監督が「ちょっと出てました」と突然の暴露。まさかの発言に会場は大爆笑となった。

 最後に山谷は、「私ごとですが、クランクインの日に私の大切な人が亡くなりました。夢を追いかけるということは、得るものも多いいっぽう、失うものも多いと思いました。夢は一人じゃ叶えられないからこそ、たくさんの人の力を借りて少しずつ大きく成長していきたいです。この作品が、あらためてそう思わせてくれました。たくさんの人にこの作品が届いたらうれしいです」とメッセージを。

映画「シンデレラゲーム」はシネマート新宿・心斎橋にて公開中。

公式HP:http://cinderella-game.com/

©2016「シンデレラゲーム」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える