• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

阿部寛とバディを組む香川照之が阿部の“匂いの嗅ぎ方”を絶賛!

78024_01_r 10月22日(土)スタートの土曜ドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』(NHK総合 後10・00)の試写会が渋谷・NHK放送センターで行われ、本作に出演する阿部寛、香川照之、井川遥が登壇した。

 世界的な大ヒットドラマ『THE SNIFFER』(ウクライナ・2013年)を原作に日本版にリメイクした『スニッファー 嗅覚捜査官』は、人並みはずれた特殊な嗅覚を持つ主人公の華岡(阿部寛)が、人情派刑事の小向(香川照之)とともに難解で奇妙な事件を解決していく犯罪捜査ドラマ。

 阿部が演じる華岡は、特殊な嗅覚を持ち、匂いを嗅いでさまざまな事件を捜査するという役どころで、その役柄ゆえに作中では匂いを嗅ぐシーンがたびたび登場する。阿部も「どうやってやろうかすごく悩んだ。(原作の)外国の俳優さんがだいぶクールにやっているからいろいろ模索した」というその演技。本作で阿部とタッグを組む香川は、「各国の俳優さんがどのように演じるかわかりませんが、僕は阿部さんの嗅ぎ方が一番。これを越える嗅ぎ方はあるんでしょうか」と阿部の匂いの嗅ぎ方を絶賛する。

 さらに香川は、「僕は薄々何年か前から、この方は二枚目でなく三枚目であると、『テルマエ・ロマエ』を機内でひとり見て大爆笑して飛行機の中で迷惑をかけた過去があります」と阿部のコミカルな演技の魅力を訴え、「阿部さんの三枚目の線に懸けたかった。『テルマエ・ロマエ』を越えなきゃいけないと思った」と熱く語った。

 そんな阿部と香川だが、タッグを組むのは今回が初めて。2人のタッグを間近で見た井川は、「この2人じゃないと考えられないコンビ」と絶賛。さらに、阿部の演技を、「こんなに鼻の穴を見せているのにセクシーで、いろんなものがカッコよすぎる」とべた褒め。

“匂いを嗅いで事件を捜査する”というこれまでにない役柄に挑戦した阿部だが、完成した作品を見て、「本当に周りに助けられているなと思いましたし、(堀切園健太郎)監督の演出力の凄さ、群を抜いているなというか、これほど変わった作品を成立させるというのは本当にびっくりしました」と。さらに「原作を越えるものしなきゃいけないと思いながら僕も挑ませていただきました。本当に自信を持ってみなさんに見ていただける作品になったと思います」とメッセージを送った。

 土曜ドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』は、NHK総合で、10月22日(土)後10・00からスタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える