• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バナナマン&おぎやはぎ&オードリーが収録後もひたすらフリートーク!?

78055_01 フジテレビ系で10月6日(木)後10・00から、バナナマン、おぎやはぎ、オードリーが世間で話題になりかけていることをテーマに、ひたすら自由にトークするバラエティ『もろもろのハナシ』が放送。収録直後に行われた囲み取材では本編の雰囲気そのままに、3組が自由なトークを繰り広げた。

◆まずは収録を終えた感想をお願いします。

小木博明「たぶんこの3組で集まるのは初めてだと思うんですけど、こんなに楽しいメンバーが今まで一緒にできなかったことが悔やまれますね…」

矢作兼「いや、いいだろ(笑)。今日やったんだから」

小木「もっと早くやってたら変わってたかもしんないですね。バナナマンはもっと売れてたかもしれないし、おぎやはぎも、オードリーも、全部が変わってたかもしれない」

若林正恭「そうかもしんないですね(笑)」

矢作「僕はやりやすすぎてね、人が見てどう思うか分かんなくなりました。だから、個人的には面白かった、という感じです」

設楽統「昔から知ってるからみんなと会うとこんな感じで、タイムロスを感じないけど、俺たちけっこう会ってないよね」

矢作「うん、会ってない」

設楽「だから女子高生みたいじゃないけど、キャピキャピしてたよね(笑)。なんか“俺も!俺も!”みたいなさ。すごく楽しくて、収録始めに言いましたけど“ヤング3(スリー)”っていうのを自分たちで打ち出していこうかなと(笑)」

矢作「ヤングじゃないけどね(笑)」

日村勇紀「僕はすごくワクワクしながら収録に入りました。やっぱり、おぎやはぎとオードリーは、昔からですけど、すごい芸風が落ち着いた感じで、今は年を取ってますます円熟味が増してきたなと。ガツガツしてない、いい感じのことがやれて、すごいよかったです!」

若林「僕も緊張せずに心を開いてしゃべらしてもらってる先輩たちだったので、すごい楽しみにしてて、本番も楽しいなって思ってたんですけど、収録中に悲しいことがあって…」

矢作「すごい根に持ってる(笑)」

若林「ああいうの、すぐに立ち直れる性格じゃないので…」

日村「いやいやいや、ごめんね(笑)」

若林「いい人間に変わっていきたいなと思います(笑)」

春日俊彰「我々が断とつで後輩で、芸人を始めたときにすでにテレビでネタをやられていた2組ですから、大先輩を前にさすがの春日も緊張しましたよ」

設楽「そう?今までで一番緊張感なくやってた気がしたけど」

春日「はい、結局そうでした。フタを開けてみたら五分な感じでやれたなと」

若林「いや、五分ではやるなよ!」

春日「五分で非常に楽しかったなと(笑)。またぜひやらせてもらいたいです」

◆3組の共通点はどこにあると思いますか?

設楽「うーん、スタイリッシュなところじゃないですか?」

一同「(笑)」

矢作「うん、スタイリッシュだ」

春日「やっぱり、どっしり感というか、動じない感じというか、つまりはスタイリッシュってことなんでしょうね(笑)」

矢作「恥ずかしいわ(笑)」

小木「ほかに何かあるかな?」

矢作「難しいね。あえて言うと、みんなかわいいことじゃない?笑顔がかわいい!」

設楽「かわいいおじさんたちだよね」

◆フリートークだけの番組をやると聞いたときはどう思われましたか?

設楽「“いいの?”って感じでしたね。この番組も一応ルールはあるけど、こんなに自由にやらせてくれることはなかなかないですから。ここに誰か先輩とか、もっといろんな人が来るとか、そういうのなしでやらせてもらえるのは本当によかったなと。それは、俺らがそういうことをやらせてもらえるような立場になれたのか、もういい加減俺たちでやることは何もないよってことなのかな?(笑)」

日村「でもこの番組プライムタイムの放送だし、期待はしてくれてるんじゃない?」

設楽「まあね、きっと番組を作ってくれる人たちも同世代で、俺たちのことを好きでいてくれてるんだろうね。“場所を与えるから後は任すよ”みたいな雰囲気はすごく感じました」

矢作「本当そうだね。芸人は話すのが好きなんだからこういう番組をやりたいんですよ。でも、いまどきそんな番組はあまりないですからね。だから、こんな楽しそうな番組ありがとうございます!って感じです」

春日「私はお話を頂いたとき“どうすんの?”って思いました」

設楽「春日だけ違うね」

春日「なるべく早めに台本送ってほしいと頼んでました。けど台本届いても展開の予想くらいしか書いてなくて。“どうすんの?”って収録直前まで言ってましたね」

設楽「それで実際どうだったの?」

春日「いや、フタを開けてみたらね、本当に楽しくて、五分な感じで」

若林「だから五分じゃないよ!四分くらいでやれよ(笑)」

◆今回のトークで初めて知ったことはありますか?

小木「若林のプライベートが意外だったかな」

若林「普段あまりしゃべる機会がないですからね」

小木「うん、若林とは頭痛の話しかしたことないもん」

若林「そうですね(笑)」

小木「だから初めて違う一面を見れたので、若林にはこれから注目したいですね」

矢作「そうね、あと俺たちあんまり友達がいないってことが分かったよね」

設楽「そうだね」

矢作「芸能界ってたぶん、すごい友達が多い人といない人に分かれると思うんですよ」

小木「いろんな人に実際のところを聞いてみたいよね。本当はみんな友達いないんじゃないの?」

設楽「あと、友達を呼んでパーティをやったりすることにあまり憧れないしね」

小木「確かに、憧れないんだよね」

矢作「パーティを見てみたいけどね」

設楽「どういう感じかね」

矢作「そう。でも、見てみたいんだけど、行くとその人のブログに上げられて、俺が行ってたことがバレるじゃん。それが嫌なの(笑)」

小木「そこは内緒にしておいてほしいよね」

設楽「そういえば、みんなSNSとかやってる?」

若林「やってないですね」

設楽「やってないでしょ?俺らもやってないの」

矢作「あ!」

設楽「共通点そこじゃない?」

小木「すごくない?今、SNSやってないの」

設楽「ブログとかツイッターとか一切やってないでしょ?」

矢作「やってない!」

設楽「珍しいよね。もしかしたら、世の中に反して凝り固まってるのは俺らの方かもね」

小木「古臭いんだね」

設楽「春日もやってないの? やってそうだけど」

春日「やってないですね。ブログを年に1回更新するくらいです」

設楽「やってんじゃん」

小木「なんだよ!(笑)」

春日「いや、でも新年のあいさつくらいですよ?」

若林「やめろ、それ!」

一同「(笑)」

『もろもろのハナシ』
フジテレビ系全国ネット
放送日時:10月6日(木)後10・00~11・24

MC:バナナマン、おぎやはぎ、オードリー
VTR出演:小沢一敬、LiLiCo

番組オフィシャルサイト(http://www.fujitv.co.jp/b_hp/161006moromoro/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える