• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スキャンダル総数180回!杉田かおるが『しくじり先生』で“暴君っぷり”激白

杉田かおる 女優の杉田かおるが、10月10日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7・00)に出演し、“周りの意見を聞かずをトラブル連発の暴君先生”として、“自分の意見は絶対だと押し通し、タブーをおかしまくって嫌われないための授業”を行うことが分かった。

 杉田は7歳のときにドラマデビュー作『パパと呼ばないで』で“天才子役”と称賛され、以降も『池中元太80キロ』『3年B組金八先生』などに出演し、卓越した演技力を発揮。また、歌手業でもヒットを記録し、バラエティ番組では“負け犬キャラ”として大ブレークした。

 一方でスキャンダルが絶えず、その総数は何と180回。杉田は“トラブル連発のスキャンダル女王”だった背景に、“常に自分の考えが絶対”という考えがあったと説明。たとえ人を傷つけようが、自らの考えを強引に押し通し、業界や社会のルールを破って生きてきたと猛省する。

 さらに、杉田はジェットコースターのように浮き沈みの激しい自らの人生についても詳細に告白。借金を抱えていた子役時代から、大物女優気取りで大暴君と化した思春期、バブル崩壊の影響で1億円の借金を負った20代、落ちぶれた女優として扱われた暗黒期、バラエティ番組で復活を遂げてセレブ婚を果たすもスピード離婚したことまで、スキャンダル多き44年間の芸能生活を振り返り、その教訓を真摯に授業する。

<レギュラー出演>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)

<しくじり先生>
杉田かおる、野沢直子(50音順)

<生徒>
足立梨花、伊集院光、市川春猿、岡本夏美、大和田伸也、榊原郁恵、澤部佑(ハライチ)、清水富美加、辺見えみり、舞の海秀平、米倉涼子(50音順)

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真