• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「氷結」から「TRENDY STYLE」に続く謎のアートポップユニット「NON ANGEL(ノンエンジェル)」が10・11デビュー

 10月11日(火)より全国展開を開始する「氷結プレミアム」のアンバサダーとして、アートとポップが融合した音楽ユニット「NON ANGEL(ノンエンジェル)」が全国デビューする。

「NON ANGEL」は、E-SEEDA(イー・シーダ)とTAKA SEA(タカ・シー)による音楽ユニット。彼らは、生年月日、国籍ともに不明で、その多くが謎に包まれている。それぞれ開示されている情報は少なく、E-SEEDAはシルバーのバイザーを常に着用し、「よく転んで骨折しがち」なため、自宅にはセラミック製のオーダーメイドギプスが所狭しと並んでいるという。

 TAKA SEAは、ゴールドのバイザーを常に着用し、プライベートではハーフパンツを愛用しているが「能あるTAKAはすねを隠す」と言い、公の場でその姿を披露していない。また、6月にデビューした「TRENDY STYLE」をよく知っているようだが、その関係性については多くを言及していない。

 今回のデビューにあたり、アートとポップを融合したプレミアム楽曲を日本に届けるため、彼らの指示で日本有数のアーティストがミュージックビデオの制作に参加。TRACK MAKER / COMPOSERには、 さまざまなゲストボーカルを招いて次世代のジャパニーズポップを牽引するスーパーポップユニット、Sugar’s Campaign(シュガーズキャンペーン)を起用。ビジュアル監修には、2014年、2015年度と2年連続で「世界のファッション業界を形成する人たち」500人に選出されたスタイリスト、 TOKYODANDY Joe。MVの振付には、名だたるアーティストの振付を手掛けるコレオグラファー、MAIKOが担当する。
「NON ANGEL」によるミュージックビデオは10月11日(火)より、WEBにて公開。誰もが想像できないアートでポップなサウンドとビジュアルとなっている。

「NON ANGEL」特設サイト http://atarashiku.hyoketsu.com/nonangel/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える