• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡田将生主演のスペシャルドラマ「不便な便利屋」ヒロインに飯豊まりえが決定

『不便な便利屋』に出演する飯豊まりえ ©「不便な便利屋 2016 初雪」製作委員会

『不便な便利屋』に出演する飯豊まりえ ©「不便な便利屋 2016 初雪」製作委員会

 岡田将生が主演を務め、テレビ東京系列の「ドラマ24」枠にて2015年4月クールに放送された『不便な便利屋』が、スペシャルドラマとして今冬復活する。新キャストとして、映画やドラマで大活躍中の若手女優・飯豊まりえの出演も決定した。

 本作は、『水曜どうでしょう』などで知られる鈴井貴之が初めて連続ドラマ全編の脚本・監督を務めた話題作。岡田をはじめ、鈴木浩介、遠藤憲一らが演じる“便利屋”を営む3人の男たちの日常を描いたハートフルコメディだ。

 スペシャル版では、町おこしのため「ショートフィルム」の脚本を頼まれた売れっ子脚本家の竹山(岡田)が、再び北海道の名もなき田舎町を訪れる。そこで、ショートフィルムのヒロインに抜擢された看護師の桐谷梢(飯豊)と出会うのだが、梢は別れたばかりの元カノに瓜二つで…というストーリー。

 コメディ作品初出演となった飯豊だが、「戸惑いながらも自分なりに楽しんで演じることができました。鈴井監督が細かく指導してくださったので、すごく演じやすかったです」と。注目ポイントとして「鈴木浩介さん演じる松井さんとのあるシーンがあるんですけど、すごくドキドキしちゃいました。これが現実だったらすごいんだろうな」と、主演の岡田ではなく、鈴木との気になる展開を明かした。

 さらに、劇中で便利屋メンバーが製作し、岡田や飯豊が出演するショートフィルム「雪女」が、10月10~16日に北海道・札幌で開催される第11回札幌国際短編映画祭に実際に正式出品される。ドラマの登場人物が、劇中ショートフィルムでさらに別の役を演じるという“二重芝居”にも挑戦した。雪女役を演じた飯豊は「初めてのお化け役ということで、どんな感じかなと思っていたのですが、ちょうど最近プライベートでホラー作品をいくつか観ていたので、『こんな感じだったら怖いかな?』と、自分の中でイメージを膨らませて演じたりして、楽しみながらできました。雪女のせりふが、“深いなぁ”っていう名言ばかりで、せりふを言っていて気持ちよかったです」と感想を語った。

 飯豊の雪女役について監督の鈴井は「にこやかでハツラツとした飯豊さんではなく、本当に怖い女性を見事演じてくれました。一番若いですがすぐに現場になじみ『チーム不便な便利屋』がさらにパワーアップです」と絶賛した。

「不便な便利屋2016 初雪」は年末年始に放送予定。

「不便な便利屋 2016 初雪」
放送:年末年始 放送予定
放送局:テレビ東京
脚本・監督:鈴井貴之
出演:岡田将生、鈴木浩介、森山栄治、トリンドル玲奈、森崎博之(TEAM NACS)/飯豊まりえ、滝口幸広/田中要次、遠藤憲一 ほか

製作著作:「不便な便利屋 2016初雪」製作委員会

公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/benriya/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える