• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アップアップガールズ(仮)サプライズ3連発に涙

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」が12月15日、ラフォーレ六本木ミュージアムで2ndワンマンライブ「アップアップガールズ(仮)2nd LIVE 六本木決戦(仮)」を行い、昼夜合わせて2回の公演に約1600人が集まった。

 同グループは、モーニング娘。などが所属するハロプロエッグの研修過程を修了し、更なるステップアップのために結成された女性7人組グループ。ライブ冒頭、空手を得意技にあげる佐藤綾乃(17)は、「今日は六本木決戦ということで、気合が入っているので板を割りたいと思います」とあいさつ。宣言どおり、メンバーが持っていた板を得意の突きと蹴りで真っ二つに割り、ファンを沸かせた。

 ライブでは、新曲「リスペクトーキョー」、10月3日に発売された5thシングル「なめんな!アシガールズ/マーブルヒーロー」のカップリング曲「Beautiful Days!」を初披露したほか、T-Palette Records移籍第1弾シングルとなる「チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ」を含む、全22曲、約2時間半の公演をほぼノンストップで駆け抜けた。

 さらに、アンコールのMC中にはタワーレコードの嶺脇育夫社長らから、来年1月30日にファーストアルバム「ファーストアルバム(仮)」がリリースされること、ご当地アイドルとの対バンイベント「TOWER RECORDS Presents アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)」が開催されること、そして来年4月13日には、ハロプロエッグとして最後のイベントを行った聖地・横浜BLITZで凱旋公演を開催することが発表された。何も知らされていなかったメンバーたちはこれを受けて、大喜び。涙を流し喜びを分かち合うメンバーたちににファンはあたたかい声援を送った。

 
アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/upfront-girls/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える