• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

TEAM NACS 20周年記念展覧会が札幌・大阪・東京にて10・21よりを順次開催

79251_01_r 森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真からなるTEAM NACSが結成20周年を記念した展覧会『TEAM NACS CHRONICLE』が開催される。

 本展覧会は、 11月から全国で開催される『TEAM NACS XX』のイベントとともに、TEAM NACSアニバーサリーイベントとして、本拠地「札幌」(会場:札幌パルコ)を皮切りに、「大阪」(梅田ロフト)、「東京」(池袋パルコ)の3都市・3会場を巡る。初めて公演された「LETTER~変わり続けるベクトルの障壁」(1996)から、 最新公演「悪童」(2015)までの20年に及ぶ公演アーカイブを、貴重な衣装、小道具、写真などの展示とともにクロニクル(年代記)でたどる展覧会。

 彼らのルーツとも言える北海学園大学演劇研究会の部室の一部を再現するほか、展覧会限定グッズも販売予定。

TEAM NACS 20TH ANNIVERSARYTEAM NACS CHRONICLE
【開催情報/巡回情報】
<札幌>
日時:2016年10月21日(金)~11月6日(日)10:00~20:00(土曜日は20:30まで/入場は閉場の30分前まで/最終日18時閉場)
会場:SPACE7(札幌パルコ 7F)
入場料:一般600円 小学生以下無料 ※パルコカード会員割引対象外
主催:パルコ
協力:クリエイティブオフィスキュー/アミューズ

<大阪>
日時:2016年11月10日(木)~11月20日(日)
10:30~21:00(入場は閉場の30分前まで/最終日18時閉場)
会場:LOFT FORUM(梅田ロフト 5F)
入場料:一般600円 小学生以下無料  ※ロフトアプリユーザー割引対象外

<東京>
会期:2016年11月23日(水・祝)~12月5日(月)
10:00~21:00(入場は閉場の30分前まで/最終日18時閉場)
会 場:PARCO MUSEUM(池袋パルコ 本館7F)
入場料:一般600円 小学生以下無料 ※パルコカード会員割引対象外

■TEAM NACSとは…
北海学園大学演劇研究会出身の森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真による演劇ユニット。
NACSは、「North Actors Club Special」の略称となっているが、先に決まっていた「NACS」という名前に意味を付けようとして半ばこじつけられたネーミングである。初演「LETTER~変わり続けるベクトルの障壁」(1996年)より、公演を重ねるたび確実に動員数を増やし、「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」(2004年)にて初の東京公演。以降「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」(2005年)、「HONOR~守り続けた痛みと共に」(2007年)とさらに動員数を増やし、大泉洋が作・演出を手がけた「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」(2009年)では、全国6都市64ステージを駆け抜け、53,000人を動員。 2011年、TEAM NACSは15周年を迎え「5D -FIVE DIMENSIONS-」として、5人5様=5次元のエンターテインメントを上演、60,000人を動員。2012年には森崎博之が5年ぶりの演出となる「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」を全国18都市で開催。昨年上演の「悪童」では、脚本に古沢良太、演出にマギーを迎え、千秋楽では全国の映画館でライブ・ビューイングも行い、計90,000人を動員。今や「日本一チケットの取れない劇団」と呼ばれている。

TEAM NACS 20th Anniversary「TEAM NACS XX(twenty)」
結成20周年を迎えたことから、ファンに感謝を伝えるための全国12都市を巡る記念イベント。

TEAM NACS XX(twenty)LIVE VIEWING
東京公演を全国の映画館に生中継するライブ・ビューイングも実施。
詳細は、TEAM NACS公式HP www.teamnacs.com をチェック。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える