• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

永野芽郁&志尊淳のキラキラ青春ストーリーに松本人志が乱入!?

『タウンワーク』新CM 松本人志が出演する『タウンワーク』CMシリーズの12作目「告白」編が、10月10日(月)よりオンエアされる。今作では、最注目の若手俳優、永野芽郁と志尊淳が共演。2人が見せる甘酸っぱい青春映画のような一幕を、松本がおなじみのあのセリフでシュールに染め上げる。

 とある体育館で、「これが決まったら告白する…」という想いをバスケットボールに込め、女子大生の永野がゴールネットを見つめるシーンから物語はスタート。想いを寄せる大学生、志尊の姿を脳裏に浮かべながらシュートを放つが、惜しくも枠に阻まれ、「あっ…」と短く声を上げる永野。外してしまったかと思われた次の瞬間、2階の通路にいた松本が突如、跳ね上がったボールをキャッチ。あぜんとする永野を見つめ、「バイトするなら、タウンワーク!」と叫びながら、真下のゴールネットへ勢いよくシュートを決める。願掛けフリースローの想定外な結果に、永野は「これってどっち?」とつぶやき、呆然と立ち尽くす…。

 撮影の初日に登場したのは志尊。永野演じる女子大学生が想いを寄せる男子大学生の回想シーンは、表情のみで表現する難しい場面。だが、数々の青春映画に出演してきた志尊は「キラキラした青春感を表現するべく、甘酸っぱい表情を意識しました。視聴者の皆さんがどう感じてくれるか楽しみです」と見事に演じ切った。

 2日目は永野の撮影からスタート。シュートを放つシーンの撮影前の練習では、なかなかゴールを決められず、コーチにコツを聞きに行くひと幕も。それでもいざ本番が始まると、なんと一発目で見事にゴール。その場にいた全員から拍手が起こり、永野自身も「練習では入らなかったのに!」と大喜び。

 松本の撮影が始まると、冒頭からフルボリュームの「バイトするなら、タウンワーク!」という力強い声が体育館中に響き渡った。松本の圧倒的な目力を一身に受け、カットがかかるたびにたまらず吹き出してしまう永野。松本がセリフとともにボールを勢いよく下に落とすシーンでは、熱が入りすぎたあまり、肝心のボールを投げ忘れ、松本が「あ、ごめんなさい!」と照れ笑いを浮かべるハプニングも。

『タウンワーク』新CM「告白」編は10月10日(月)オンエア開始。特設サイト(http://cm.townwork.net/)では、CMとメイキング映像を公開中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える